尻上がり


« 06.2017123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAT-TUN 2003 8/8~10 大変コンレポ


本日はKAT-TUNのデビュー2周年ということで、2003年の大変コンのレポを思い出しながら書きたいと思います。


ザ・大変コン!
正式名称は「Ko年も Ah Taiヘン Thank U, Natsu.」です。

何じゃそら。


とにかく私はこのコンサート大好きなんです!!

しかしロバマルは暗黒の時代。
ロバマル担の同居人はこのこコンサートが一番嫌いと言っていますが、それも納得。

どこに萌えを見出せばよいのやら…(笑)
たちゃんなんて別人にもほどがあるだろう…!!
ガックンを目指してたみたいで、笑い方とかもすっごい似てたんです。
でもあれはガックンだからかっこよかったのであって、そんな堅焼そばみたいにチリチリパーマかけられても…。
唇コンシーラーで塗りつぶしてたし。


そんな時代です。

さて、レポに入ります~^^
曲構成
1.Overture
2.ハルカナ約束
3.Rockメドレー(カツン&Jr)
 一秒のothello
 曇りのち晴れ
 Stand by me
4.ど~にかなるさ
5.Go West
6.ハルカナ約束
7.アニマルコーナー
8.愛はいつも追いかけるもの(じんかめ)
 pleasure Island(たぐソロ)
9.RAP(田中)
 Misty(ゆっちソロ)
10.STAND UP(KKきてぃ~)
11.FIGHT ALL NIGHT
12.HEART BREAK CLUB
  BEAT YOUR HEART
  ノーマター・マター
  ピカピカ?
【MC】
13.ろくんとお客様のデュエット
  MY ANGEL YOU ARE ANGEL
14.glider(たちゃんソロ)
15.Hasitate(赤西ソロ)
16.Jrコーナー
  千年のLove Song(KKKity)
  行カナイデ(森内&ますだ&ごっさん)
  仮面舞踏会(海老氏)
  ストーンズメドレー(ジミー&FIVE)
17.ツッパリHigh School Rock'n Roll
18.俺様クレイジーマン(こきソロ)
19.HA(KAZUYAソロ)
20.SIX GROOVE メンバー紹介RAP
  ダンス
21.ROCKメドレー
  T2
  冒険王のテーマ(恐らくピスフルだったかと)
22.LOVE or LIKE
~チェイサー~


(W誌2003年10月号参照)

***********************


最後の~チェイサー~って何だろう(笑)
書いてあるけど。思い出せない。
何故かアンコールの表記がない。
何でじゃ。しっかりしろW誌。
間違いなくハルカナ歌ってた。
合計3回歌ってた。シツケー!!!

後、横浜のラスト公演ではいきなり「星屑のスパンコール」を歌ったらしい!
ヲタクはこの歌が好きなので入れなかった俺含む友人みんなガーーーン!!!
何が恥ずかしいってこの歌を聴きたがってた当時の俺が恥ずかしい。
恋するジャニヲタも甚だしいな!!



ステージ構成はこんな感じ。
2-2

360度です。
 
クレーンはあったけどトロッコとかは特になし。
変な動物の絵が描いてありますけど、これ実際に描かれてたのです。
カメ→KAZUYA、豹→赤西、キリン→たぐ、狼→こき、ロバ→たちゃん、コアラ→ゆっち、です。


2-3

 

●OP
唐突にアニマルが客席に登場。
ヲタ喜んで手を振る。
しばらくそのような状態が続き、そっとハケる。
カツン登場。こんたーと開始、みたいな流れ。
基本的にブルと変わらないグズグズさ(笑)

しかしこれこんな体操服みたいな服じゃなかった気がするけど…(笑)
このへんは記憶曖昧なんでまぁ間違えてると思われる。
 
 
 
●アニマルコーナー
司会はこき。
アニマルと一緒に踊るコーナーです。
ここがこのコンの一番の見所というか特徴でした。
さっき↑で説明したそれぞれの担当アニマルと、そのアニマルコスをしたJrと踊るカツンが可愛いのだ~。
 
 
2-4

まずはこき。
狼と狼コスのJrを従えてスリラー!
超可愛い~~~~><
そして最後は変なオジサンでシメ。本当に可愛い!
 
 
2-5

次はたぐ。
キリンコスのJrは皆背が高い~!
確かここにゲーシーがいたような気がする…?
何か腕を伸ばして、首をグラングラン揺らしてた。
あ、ちなみにこの当時のたぐはいきなり白メッシュのエクステをつけて垢抜けだした。
 
 
2-7

ゆっち。
コアラみたいに手招きみたいなファンシ~で可愛いフリをするんだけどどうしてもビジュアルがおかしすぎてファンシー感なし。
髪が群青色なんだもん…。
今やったら相当可愛いんだろうな~。
後ろのJrがつけっ鼻までつけてて可愛かった^^
 
 
2-7

たちゃん。というかTATSUYA。
TATSUYAは出来る限り体を動かしません。省・エネ!
ということでゆったり左右に揺れるだけ。
最後はロックダンスで決める。
何だそれ。と誰もが思った。
でも揺れるヤキソバンはそれはそれでそれなりに可愛かった(笑)
 
 
2-8

赤西。
また!神様コンに引き続き真夏なのに毛皮というおバカさ!

♪タラッタタラタタッタタ、ヒョウ~ ヒョウ~と喘ぐ赤西。
最終的に寝転んで色気ムンムンで喘ぐ~。
そして豹アニマルと一緒に歩き、豹にマイクを向けて、何も喋らない豹に「喋んねーのかよ!」と頭をはたいてツッコミ。
 
 
2-9

KAZUYA!
何かしょぼくれた音楽をBGMに、カメアニマルとカメコスJrにイジメられるKAZUYA。
みんなによってたかってイジメられ、
「そんなことしたらお母さんに言うよ><!言ーってやろー言ってやろーせーんせーに言ってやろ~~~!」と言って逃げる。
可愛い!
 
そしてステージがカツンとアニマルとコスJrでいっぱいになった(総勢100名以上はいるはず)状態で始まるたぐソロ。
 
 
 
正直たぐが見つけられない。
 
 
2-10


混沌とし過ぎだろ…!
 
 
一度もたぐを見つけ出せなかった(笑)
ので衣装とかも分からない(笑)
 
しかもステージ上には着ぐるみアニマルと可愛く戯れるカツンの姿!
追いかけっこしたり、抱きついたり、スキップしたり!!
ほんっと可愛かった~!
 
 
 
●RAP~Misty
2-12

Mistyの衣装の上にダボダボの赤いパーカーを羽織って登場するなかまー。
 
何か変。

そしてそれを脱いでMistyへ。
選曲はすごくいいと思う。
でもさ。どうしても面白いんだよ。
 
 
2-13

汗かきすぎ。

ゆっちはこの頃からマジックが好き。
ゆっちの入った箱が吊られ、上に被されていた布がハラリと落ちる。
あれ!吊られたはずのゆっちがいない!
と思ったら、




2-15

跳んだーーーーー!!
 
すごい跳躍力。
とんだびっくり箱だな。

ちなみにこの曲、赤西以外の4人がバックについています。

せっかくのたっちシンメだったのに、たっちゃんガクト時代だからさ…。
Why TATSUYA…?
こきはマジックで使った布をバッサバッサしてて闘牛士のようだった。
 
 
 
●ファイオーナイ
アオザイ衣装みたいなのがすごい素敵!

ダンスが地味にすごい技。
足が磁石かなんかでくっついてるの?体だけビャ~って前に倒れるやつ。
これがすごい好き。

アオザイを脱ぐ。
この時赤西が着替えに失敗した~!とか言ってた気がする。


●MC(全てのステージ混合)
赤衣装。
ハルカナ初披露のタモステでも多分これ着てた。
・たちゃんのアミアミ衣装について「これミカン入ってるやつじゃないですよね~^^?」と言うKAZUYA
・KAZUYAの衣装は横が切れてて安全ピンで留めてる仕様
・KAZUYA「安全ピンってさ~全然安全じゃないよね!」
・サンサート中に靴がなくなった!とか言って、それ以上膨らむはずがない誰もが興味のない話を毎回してたKAZUYA
・TATSUYA「中丸って面白いよね」(突然)
・ゆっち「上田君に褒められても嬉しくありませ~ん!」コイツ…!!
・ゆっち「コンサートは重力がすごい」…?会場ポカン
・ファンに手紙と一緒に広辞苑を渡される赤西
・「これで勉強して下さい」と言われる赤西
・こきから誕生日プレゼントに火星の土地をもらうゆっち
・たぐ「将来火星に行ったら火星の土地かせ~い^^」
・天井にぶら下がるKAT-TUNの電飾ロゴはこきのデザイン
・たぐのTの字が小さいのは絶対にわざとだと確信している。(当時のでんでんは水と油時代)
・宇宙が大好きゆっち
・ゆっちのボイパ話
・街でもブチカブチカ言ってるらしい
・ヒッパレで共演したおっくんにボイパを教えてもらったゆっち
・こき「楽器の音をボイパでやって」ゆっち「いいよ」赤西「木琴」「……」
・ごすぺらーずに教えてもらった発声の練習を会場にいる全員でする
・会場「い~~~~~~~~~」
・カツン「気持ち悪い!」
・じゃあやらせるな!
・KAZUYA「じゃあ皆目つぶって!お母さんのことママって呼んでる人~」
・たぐ、静かに挙手
・ちなみにたちゃんは「おか」って言ってるらしい。
・KAZUYAにジャポニカ学習帳を持ち歩いてることを暴露されるたちゃん
・ちなみにメジャーも入ってて、ドアの寸法を測る為らしい。謎。怖い。
・赤西「今回のソロは作詞したんですよ。テーマはロマンエッチ」
・しつこいぐらいロマンエッチを押す赤西。分かった分かった…。
・いきなりショートコントを始めるたぐ
・「ダー!明日は剣道の試合だ。ラーメン食べて気合を入れるぞ。ラー、メーーーン!」
・メーンでうっかりマイクを持ったまま腕を出したもんで、ラーーー、……ーーーーン!!しか聞こえないという最悪なオチ。
・赤西「俺らが間違えたりしてもカタカタしないでね~」(タイピングの真似)(ネットに書き込まないでねって意味)
・↑唐突な発言に困るカツン。変わりませんね今も昔も。

・KAZUYA「なかまる、…なんか汚い(笑)」←見た目が(笑)
 
 
・こき「…ところでなかまるすげータンクトップ似合わねーな」
・会場中大爆笑。乳首見えてたし。
・「後ろXになってるからね!」「金太郎みたいだよ!!」
2-12




・MCの途中でハケなければいけないTATSUYA。
・ブリッコしながら「にんじん切れたから帰る~」
・赤西「かぁわいい上田*^▼^*」
・え!?ファンでも言わないのに!!
・赤西のたちゃん溺愛ぶりは焼きそば時代から健在。
 
 
 
●glider
もうめっちゃガクト…!!
しかし歌ってる歌はとっても爽やかなトキオ兄さんの曲。
この時赤西はクレーンで紙ヒコーキを折っては投げ折っては投げ。
 
 
 
●Hesitate
何か白いタンクトップに白いハーフパンツに裸足で入院患者みたいないでたち。
どこがロマンエッチなのかはサッパリワカランかった。
普通にいい曲だったよ。
 
 
 
●ツッパリ
お遊びコーナー
ツッパリに扮したカツン。カツンとは別人という設定らしい。

六本木のドンキに特攻服を買いにいったそうです^^
後ろの刺繍は愛死天流と唯我独尊の2パターン。
ちなみにこきは自前だそうで、「一人本物みたいなのがいる…」と恐れられてた。

たぐ「苺ミルクで~~~~す」
たちゃん「みんみんで~~~~す」(超ハイテンション)
赤西「茨城県から来ました、イバラキケンです。好きな食べ物はハンバーグ。嫌いな食べ物はたまごの白いとこです」
↑この人こういう下らないボケ好きだよね。
「特技は怒鳴る℃ダックの物真似」と言ってドナ●ドの物真似をする赤西。
そこにKAZUYAも入ってくる。
そして車のボイパで間を割って入るなかまる。
 
KAZUYA「ツルッツルです」
ハゲヅラに前髪全部しまって。きっちり被るKAZUYA。
こういう変なとこ潔いとこが大好き!
ちなみにハゲヅラがなくって一度だけちょんまげで現れた時があって、すっごい可愛かった~^^
田中の設定は忘れた。
 
 
2-28

ミニバイに乗ってる時のゆっちマジ姿勢いい。

ここで唐突に始まるコント大会。
田中のコント始まる。ダー!滑る。いつもの如し。

そしてどういう訳かじんかめがコントをすることに。
ウケる。

そして何故かJrとツッパリカツンで360度の花道を利用した椅子取りゲームを開始。
訳わからん…。
確かごっさん(手越)がいた気がする。
 
 
 
●俺様クレイジーマン
青のダボダボの衣装。可愛い~。
言葉の入ったボードを持ったカツンが花道を練り歩き、最終的にこきを囲む。
カツンがこのボードを高く掲げ、下ろすと、こきがいなくなりKAZUYAが登場!
 
 
 
●HA
燕尾服にハットにスティックで最高~!
タクヤのソロ曲選んでくるとか、さすが安心のタクヤ担。
バストウエストヒップが感じ出すKAZUYA。可愛い~!!
歌が終わった後、ジャケットを脱いでシャツの姿になり、激しいダンス。
ステージからバク宙をしてフィニッシュ!!
 
 
 
●SIX GROOVE~メンバー紹介RAP~
カツンはご祝儀袋衣装で登場。
私はこの白×オレンジの衣装をご祝儀袋と呼んでます。
 
 
~A~
アップの時は常にウインク
衣装の時はスカート巻き巻き
エッチな体のセクシーボイス
こいつが噂のあかにしじん!
by KAZUYA



~T~
魅惑のヒップ 魅惑のタップ
こいつのダジャレはもう限界
紹介するならコイツが アクロバットのたぐち!
by 赤西



~t~
千葉県出身17歳
トレードマークは狼ウォー!
顔に似合わず動物LOVE!
こいつがクレイジーマン こうき!
by たぐ

すごいリリックセンス(笑)
狼ウォー!だよ(笑)
ちなみに掛け声は「こーき!こーき!ヒ・コーキ!イェア!ワンツースリーフォーファイブシックスコウキ!」(笑)
ヒ・コーキでは勿論飛行機の真似してキーーンしてました。たぐ最強。


~U~
ロックの世界で大熱唱
だけどクールなだけじゃないでしょ
ギターを片手に大演奏
ミステリアス最年長上田
by こき

ちなみに掛け声「ウエダ!」が「タッチャン!」や「ガックン!」だった時もあり。



~N~
earth speace in the head
得意はヒューマンビートボックス
気のないクールズヒップホップ
さらにつっこみセンスはNO.1
by TATSUYA

多分間違えてる。歌詞。
ほんと、そんな低い声で言わんでもってぐらいテンションの低いラップ(笑)
掛け声が「ユーイチー…、ユーイチー…」だった。
テンション!!(笑)
 
更には「ユーイチー…、say宇宙!!」ってのがあって、宇宙!?つって大爆笑した(笑)
ちなみにゆっちこれロボットダンスしてます。
 
 
 
~K~
KAT-TUNの選抜ピッチャー
腰が担当 得意の腰がだんだんと
披露 エロ エロ 声かけろ
虎の子He name is和也!
byゆっち
 
これもあってるか分からん。
腰が担当って何だろ、その役割分担(笑)
虎の子ってのはKAZUYAが当時阪神のイメージキャラみたいのに選ばれたから。
 

そんで、このタイミングで事件が起きる。

ゆっちがカーズヤ~アイラブカ~ズヤ~!って言ってる時、
調子に乗ってしまったKAZUYAは、狭いステージ上でバク転を1回、2回、3回して、まさかの転落!
2-45

緊迫感のない絵ですが…すごい悲鳴。
 
 
紹介RAPはKAZUYAが一番最後だったから、すぐ次のT2~ピスフルというとっても元気な歌が始まるんだけど、メンバーが不安そうな顔で駆けつけてくる。

みんな一応は歌いながらも、すごく心配そうな顔で亀ステージに立ち寄って、落下したとこの様子を見てる。
スタッフさんに「散って」と言われたのか、みんなすっごい不安そうな顔で花道に散る。
 
が、こきだけはいつまでも動けずにそのへんをウロウロ。
すごく不謹慎だけど、可愛い…><
ファンも不安そう。

結局KAZUYAは出てこないまま、最後の曲、ラブオアへ~。


●ラブオア
2-49

何かこういうブランコに乗る。
すごくロマンティック。まるで星の妖精。
KAZUYAがいないので、Aメロ赤西パートを歌い終わった後のKAZUYAパートを、赤西がそのまま歌い続ける。

と、赤西の歌声に重なるようにどこからかKAZUYAの声が…!!


2-50


\キャ~~~!!!/


湧き上がる歓声。
痛みからかぎこちなく、それでもブランコに乗るKAZUYA…!
即座に歌うのをやめる赤西……!!

そんな感動的なシーンの真ん中で、たちゃんのブランコだけ何故か天井に上がらないという静かなハプニングが発声(笑)
暫く我慢して全然上がらないブランコに乗ってたものの、途中で諦めて一人花道を歩き出すTATSUYA(笑)
何でそんな面白いの(笑)
 
 
 
●挨拶
「心配かけちゃってすいませんでした!」と言い、お辞儀をするKAZUYA。
腰が痛くて全然曲げられないのに、それでも必死にお辞儀をするKAZUYA。
左腕の肘はパックリと切れてて大きな傷になってました。ぐすん!!
 
 
 ●アンコール
それぞれがそれぞれのクレーン上がって歌うんだけど、クレーンが下りたら、みんなKAZUYAに駆け寄って、心配そうに腰を抱いてあげたりしてた!
そしてひたすらソワソワしてたこき。
KAZUYAのまわりをウロウロした後、やたらと腰を支えてた。
優しさ戦士。

でもKAZUYAは痛いからってのもあるだろうけど、ずっと悔しそうな顔してて、
この若さでもう筋金入りのプロ…!!って思った!!LOVE。


最後もKAZUYAは首しか曲げられなかったけどキッチリお辞儀してた!
次の日の公演は心配されたけど、ちゃんと元気に踊ってた!若いのにプロだ~!!
入院はしたらしいけど。




転落した次の日のMC
赤西「終わったあと動けなかったよね。本当に大丈夫かぁ?」
KAZUYA「大丈夫!」
ゆっち「調子に乗っちゃったんだよね」
こき「かめちゃんは案外強い子だから大丈夫よ」



そういえば、友達が見てたみたいなんだけど、最後の挨拶、K、A、T、T、U、N の順で喋るんだけど、
TATSUYAが挨拶をし終わった後、何故か他のメンバーがまだ喋ってるのにTATSUYAだけ床がスーー…って下がって、顔しか出てなかったらしい(笑)
 
2-56


もう!!どんだけ面白いんだよ!!(笑)
奇跡だな!!!!!
 
 
 
以上!
雑誌とか引っ張り出しながら書いてたらすげ~時間かかった~(゜o゜)


何せだいぶ昔なので衣装とか会話の細かいとことか記憶がおぼろげです。
間違ってるとこもあるかもしれません。
スポンサーサイト

  • タグ:KAT-TUN ライブ レポ
  • コメントの投稿はこちらから ♥

    COMMENT-FORM

    SECRET

    トラックバックはこちらから ♥

    TRACKBACK

    この記事のトラックバックアドレス

    →この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    毛

    Author:毛
    アイドルにキャーキャー言う。

    カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    カテゴリ

    過去ログ

    2016年 11月 【1件】
    2016年 09月 【1件】
    2016年 08月 【9件】
    2016年 06月 【1件】
    2016年 05月 【1件】
    2016年 03月 【1件】
    2016年 01月 【3件】
    2015年 12月 【1件】
    2015年 11月 【2件】
    2015年 09月 【1件】
    2015年 03月 【1件】
    2015年 01月 【1件】
    2014年 12月 【2件】
    2014年 11月 【7件】
    2014年 10月 【5件】
    2014年 09月 【9件】
    2014年 08月 【4件】
    2014年 07月 【29件】
    2014年 06月 【1件】
    2014年 05月 【1件】
    2014年 04月 【13件】
    2014年 03月 【14件】
    2014年 02月 【7件】
    2014年 01月 【1件】
    2013年 12月 【1件】
    2013年 11月 【5件】
    2013年 10月 【13件】
    2013年 09月 【26件】
    2013年 08月 【27件】
    2013年 07月 【16件】
    2013年 06月 【8件】
    2013年 05月 【19件】
    2013年 04月 【8件】
    2013年 03月 【15件】
    2013年 02月 【13件】
    2013年 01月 【2件】
    2012年 09月 【2件】
    2012年 08月 【6件】
    2012年 07月 【1件】
    2012年 06月 【3件】
    2012年 04月 【3件】
    2012年 03月 【4件】
    2012年 02月 【3件】
    2012年 01月 【5件】
    2011年 12月 【2件】
    2011年 11月 【2件】
    2011年 10月 【1件】
    2011年 09月 【4件】
    2011年 08月 【9件】
    2011年 07月 【10件】
    2011年 06月 【12件】
    2011年 05月 【10件】
    2011年 04月 【16件】
    2011年 03月 【1件】
    2011年 02月 【6件】
    2011年 01月 【6件】
    2010年 10月 【5件】
    2010年 09月 【9件】
    2010年 08月 【17件】
    2009年 11月 【1件】
    2009年 08月 【6件】
    2009年 07月 【3件】
    2009年 06月 【8件】
    2009年 05月 【17件】
    2009年 04月 【12件】
    2009年 03月 【13件】
    2009年 02月 【6件】
    2009年 01月 【6件】
    2008年 12月 【3件】
    2008年 11月 【4件】
    2008年 10月 【1件】
    2008年 09月 【6件】
    2008年 08月 【10件】
    2008年 07月 【11件】
    2008年 06月 【8件】
    2008年 05月 【9件】
    2008年 04月 【6件】
    2008年 03月 【6件】
    2008年 02月 【7件】
    2008年 01月 【8件】
    2007年 12月 【8件】
    2007年 11月 【16件】
    2007年 10月 【6件】
    2007年 08月 【1件】
    2007年 06月 【2件】
    2007年 04月 【2件】
    2007年 02月 【1件】
    2006年 12月 【1件】
    2006年 09月 【2件】
    2006年 08月 【18件】
    2006年 07月 【8件】
    2006年 06月 【1件】
    2006年 05月 【2件】
    2005年 05月 【2件】
    2003年 08月 【1件】

    最新記事

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。