尻上がり


« 10.201712345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/26 夜 チャリイベレポ~


26日夜のレポをしました~。



25日夜のレポはこちらです。
25日夜 チャリイベレポとZIPありがとう



以下、26日夜レポです。
たたみます。



●開始

職員室からドームの会場に移動。
M「大丈夫ですか?相葉先生」
A「大丈夫ですよ、松本先生!」
つって、肩組みながら移動する泣き虫。
大宮も異常な程くっついて移動。むしろ平常運転。


テーマが「日々是気付」の下りで、相葉さんがめっちゃ教科書を見ながら、「よくよくみるとたいせつなことが…」って説明しだす。
M「どうしたんですか?」
N「それ教科書ですよね?完全なカンニングですよ!」


で、今日の日々是気付は、開演前に流れていたショパンのピアノ曲、実は翔君が弾いていた~!というものでした。


これ、私も「何でこんなしっとりとした曲流れてんだろ?」と思って、これ翔君弾いてるとかじゃねーのか?と思ったけど、
あまりに上手いから、合宿のあの気まずいピアノ思い出して「んなわけねーか!」と勝手に納得してた。
完全に侮ってました!!
ごめーんね!


モニターには、ピアノを弾く翔君の姿!
実際のショパンと何ら変わらんクオリティで弾きこなす翔君。

眉目秀麗の極み。
こんな完璧にピアノ弾いちゃう翔君とか、ハイソサエティ過ぎてたまらん。



S「合宿の時の果てない空が、あまりにも不甲斐なかったので、今回はちゃんと譜面を用意してがっつり弾かせて頂きました!」



そうだよね~あれ楽譜なしで弾いてんだもんね~。
勝手に気まずくなってごめんね翔ちゃん!!
あまりにも真剣過ぎてさ、若干引いちゃった!!




これを見破ったヲタは結構いて、それまで「今回は上級編だよ~!」って言ってたのに、「あれ?これ初級編だったかな?」ってオロオロする嵐。


A「ちなみにこれタイトル何ですか?」
S「別れの曲です!」
A「え?OPから別れの曲弾いちゃいました?」



このサプライズ仕掛け、他の回では、相葉ちゃんがウサギの着ぐるみを着て会場を歩いてたらしいです。



A「めっちゃ顔近付けられて、誰ー?誰ー?って言われた!」


すげー羨ましい…!




後、最初の呼出し放送、あれ、なんと薬師丸ひろ子でした。




何で。

何その謎のチョイス。
意味分からんけどすごい。



●1時間目 二宮先生のドキドキの授業


にのちゃんの心臓を公開する下り。

検査着を着てる姿→裸→骨→心臓って感じで画面が切り替わるんだけど、裸が映った瞬間、「おいおいおいー!」って、テンション上がる相葉さんにテンション上がる私。


心臓が映し出される。


A「まぼろしー↑」
N「まぼろしじゃないんで」
M「オシャレ!」
N「…まぁありがたいけども」
A「オシャレじゃない心臓もあるからね!」
よく分からんフォロー。




一日の心臓の鼓動の回数クイズ。


S「82000!」
A「78000!」
N「じゃあ松本君!」
M「10万3572回かな?」
A「刻んできたね~!!」
N「えっと…、松本君…?」
M「10万3572回だと思います!」
N「……まぁまぁまぁ。じゃあ大野さんはいくつだと思いますか?」
O「30万」(真顔)



正解は10万3572回で、ジュン大正解~。


4人「イェ~~~イ!!」ハイタッチ。
A「相変わらず優等生だなー!」
優等生、優等生って言われて嬉しそうなジュン。



一日に送り出される血液は7トンです、という説明をする二宮先生に、相葉さんがポツリと、





「7トン車くらいなのかな?」





って呟く。



当然逃すはずもなく、


「7トンつってんだからそりゃそうでしょ」
「そりゃトラックに例えたら7トン車くらいでしょうよ」


と意気揚々とツッコむ二宮先生。


A「あぁ、トラックに例えたらね~」
N「あの、…トラックの下りやめてもらえる?」



相葉さんって本当に愉快な人。



7トンは水鉄砲で例えると、87万5千発。

それを聞いて、「そんなに打ってらんないですよ~!」ってブーブー言う相葉さん。
そしたら、「ん?何だ?」つって、持ってた水鉄砲を相葉さんに向けてピュッ!!って攻撃。


A「つめてっ!先生!暴力反対です!!」


ここでにのちゃんが暴走して、生徒達に水鉄砲で攻撃しまくって、キャーキャー逃げ惑う生徒。
めっちゃ楽しそう~!
夏休みの子供みたい!無邪気!!


したらジュンがニコニコしながら智を後ろから羽交い絞めして、二宮先生の元に連行。
二宮先生が身動き取れない智に水をピュッ!ってかける。


悪戯っ子末ズーーーーーー!!!
智大好き末ズーーーーーー!!!



で、解放された智が、二宮先生に向かって、「誰だお前っ!」って暴言。←そのツッコミ何(笑)



で、「誰だ?今先生にお前って言ったの!」って、また二宮先生が水鉄砲持って追いかけ回す。

そしてやっぱりジュンが「こいつです!」って智を捕らえて二宮先生に突き出す。
生徒3人に羽交い絞めされる智。


二宮先生、水鉄砲で智の股間を濡らして、「くふふ~」って笑いながら去っていかれました。


あまりの羞恥プレイに、智は教科書で己の股間を隠してたけど、
ジュンに「早く座りなよ~」つって、教科書を奪われ、濡れた股間が露に。←何だこの響き。

まるでおもらしをしたみたいになってた~!
おもらし智!



水鉄砲じゃ分かりにくいということで、目薬で例えると2億3333万滴だ、と説明する二宮先生。


S「あの先生、頭悪いんじゃないの!?」←笑う。
A「わかりにくいんだよね~!もっとさー、ふろたぶとかさー!!



ふろたぶ……?



皆に、「バスタブだろ!ふろたぶって何だよ!」ってツッコまれる。



また相葉さんによって新しい言葉が生まれたのであった。



で、リレーの下り。

N「ここで皆に一つお願いがあるんだ」
S「事と次第によっては我々生徒も権利を主張させてもらいますよ!!」(キリッ)


まさに(キリッ)って感じで反論する翔君。
そしたらジュンが席を立って翔君の後ろに立って、

「主張したのは僕じゃないっすよー!」つって、翔君を羽交い絞め。
残りの2人も協力。

A「足掴んじゃえ☆」

つって、まさかのおしっこしーしーポーズをさせられる翔君。


N「協力してくれますよね?」


水鉄砲で脅すも、翔君は、「事と次第によっては我々生徒も権利を主張させてもらいますよ!!」(キリッ)と、おしっこしーしーポーズで強気発言。


水をかけられたのか、それともただ単に尻餅をついただけかな?
体勢を崩して、ようやく「協力しまーす!」と折れる翔君。


で、リレーの順番を決めるくじびきで、いつもより玉が一個多いことに気付く生徒と先生。
見たことない、「S」って書いたボールが入っている。



A「Sって何?」
S「スターターじゃね?」
O「スターターって?」
S「一番最初にスタートするんじゃね?」
M「何かボール二個あるんだけど?」


ジュンが最後に引いたのに、まだボールが余ってる。
そしたら翔君が、


S「二宮先生も引いて下さい!」


つって、二宮先生の後ろから水鉄砲を持って先生を脅す。

ピンと来た二宮先生。


N「あ、これ見えたぞ?」
S「いいから先生も引いて下さい!」


いつもは無条件でスターター(ピストル鳴らす人)だった二宮先生も、今回ラストということで、くじに参加させられる羽目に。

で、くじの結果、スターター→O、S→A→M→N(アンカー)ということに。


よりにもよってアンカーを引く二宮先生。
さっすが~~~!!


スターターが走らなくていいポジションだと知った瞬間の、智の「やったやったやったやった!!」っていうピョンピョンした動きが可愛過ぎてドームが破顔する。
智の可愛さ無限。



またしても第一走者の翔君、前日と同じくすかしっ屁みたいなピストルの音に戸惑いながらスタート。
相葉ちゃん、ジュン、とバトンが回って、アンカーの二宮先生が走る番になったんだけど、
ここで息を合わせたように智と相葉ちゃんが走り出し、ゴールテープをスタッフから奪い、走り出す。


どんどん遠くなるゴール。


結局元のゴール地点よりだいぶ長い距離を走らされてゴール!!


この、逃げる天然ゴールテープ、追いかけるにのたむ、という光景が超可愛かった~!!
サザエさんみたいだった。


S「これ結局、一番多く走ったの相葉君だよね(笑)」


確かに(笑)。
にのちゃんも天然もぐったり。
マイクとか息でボーボー言ってる。


しかしこのたむの全力疾走がもうすんげぇ可愛くって、たむたむたむたむ~~~!って感じの走り方で(よく分からん)、すごい萌えました!
相葉ちゃんとかマジアスリートバリに速い。


疲れきって、マイクボーボー言わせながら教室に戻る5人。


N「何かさ、おかしいと思ったんだ…。見たことないピンクのボールが入ってるの見えたからさ…」


N「とりあえず皆さ、一回目つぶろう」


目をつぶる生徒。
智だけパッチリ目を開けてて、二宮先生に水鉄砲で水をかけられる。


N「このこと知ってたって人、手上げてみようか?先生怒らないから」


最初は誰も手を挙げないんだけど、暫くして挙手する翔君。


N「なるほどね…。いいよ皆目ぇ開けて」
N「どうりで彼だけ、みんな知らない筈なのに『スターターだ、スターターだ』って言ってたのか…」
A「え、いたんですか?」
S「誰ですか?」

しらじらしい翔君の顔(笑)。


N「言わないよ?先生言わないよ、それは。誰がやったとか変な空気になるから。でもね、先生こういうの嫌いだな!!


ぐったりしちゃった二宮先生、「もう今日自転車乗れないよ…」って呟く。


M「え?自転車って何ですか?」


それにすぐ反応するジュン。


N「違う違う、家から学校まで先生自転車で来てるから!もう帰りは乗れないよってこと」
A「じゃあタクシーで帰ればいいんじゃないですかぁ?」
N「そんなわけねーだろ☆」


つって、いきなり相葉さんに水鉄砲をピュッ!!ってする二宮先生。
この時の顔!!
憎たらしいと愛らしいを見事にブレンドさせたイイ顔してた~。




●2時間目 松本先生のビリビリの授業

M「皆さん、電気がなかったらどうなると思いますか?」
N「……困る。」
M「二宮君?」
N「どうなるかは分かりませんけど、困る」


この言い方が可愛かったんだけど、まぁ文字じゃ伝わらないね!


で、真っ暗にしてジュンが「聞こえますかー!」って言う下り。


A「今日が一番よかったよ☆」
S「一番声出てたよ!」
A「何回か裏返ってたじゃないですか!今日はちゃんと出てた!」

ジュンの声に対する賞賛。


電気は英語で何と言うかクイズ。
当てられたのは智。
(答えは「エレクトリシティー」)


もう授業も5回目なので、もちろん正解を知ってる智。
一生懸命思い出しながら、

O「えけれすとしてぃー…」


S「惜しい!」

惜しいかな(笑)。



皆で発電してみようのコーナー。
発電自転車が登場。


にのちゃんが、1時間目の流れを汲んで、「今日俺が乗ってきた自転車にそっくりだなぁ!」ってふざけて言う。
しかし、「二宮君、今日は君にいっぱい漕いでもらおうかな!」ってジュンのSが発揮されて落ち込む。


「先生の授業が一番好きです!!」と、慌てて媚び売り出すも、聞き入れてもらえず。


ふぅ~~末っ子!


まずは一番簡単なライトを、松本先生自らが漕ぐことに。


N「先生!僕これやりましょうか!?僕これ好きなんだよ!!」

楽なもので済ませようという作戦のにのちゃんを、やっぱり軽く無視して自転車を漕ぐジュン。
ライトが点灯して、タッタラ~~!!って音が流れるんだけど、
その音に合わせて、変顔でカメラに映りこんでくる智。


N「あれ!?今ちょっと…、先生もっかい漕いでもらっていいですか?」
M「もう一回ですか?」

もっかい漕ぐジュン。
ライトが点灯。
タッタラ~~!!でまた変顔でカメラに映りこんでくる智。


N「先生この人ふざけてます!」
M「大野君、授業中だからね」


怒られる智。
笑う。


M「次はテレビ。一体何アラシでつくと思いますか?」
N「まぁ、体育会系の2アラシかな!


自ずとカメラもさくらばを映す。
しかし松本先生は、やっぱりたむを指名。


M「じゃあ、二宮君漕いでみようか」
N「えっ?、先生…!僕文系…」
M「二宮君」


渋々立ち上がるにのちゃん。

N「クッソー…」
M「何ですか?」
N「いや、何でもないです」



自転車を漕ぐにあたり、髪の毛を真ん中分けして、ヘッドセットに挟み込むにのちゃん。


S「サッカー選手みたい!」
A「本当だ!」
S「アルゼンチン代表って感じだよ!」


で、気合を入れたにのちゃんが自転車を漕ぐも、テレビはつかない。
ジャン!!って音がして、ジュンがにのちゃんを止める。


N「先生…、今の音何ですか…?」←ゼーゼー(笑)
M「これ以上はやめとけって音でしょうね(笑)」


で、もう一人追加することに。


M「じゃあ大野君。さっきふざけたから」
O「何がですかっ?」
M「何がじゃないよ」

教科書で智の頭をポン!って叩くジュン。


O「あっ!!痛っ!いたーい!!」
A「大野君大丈夫!?」
O「膝に来てる…!!」

何故(笑)。


もっかいジュンに頭を叩かれ、わーわー言いながらも自転車に乗る智。
大宮で自転車を漕いで、何とかテレビをつけることに成功。

降りるなり倒れこむにのちゃん。


M「どうしたんだい?」
N「いつぞやに食ったホイコーローが出てきそうです……」


既にグロッキーな表情のにのちゃん。
で、次はドライヤー。


A「5人で漕いだら何とかイケんじゃない!?」
M「相葉君やる気ですね~!」
N「相葉氏今日全然疲れてないから!今日すごいことになるよ!!」

何その発言。
この相葉さんにかける期待の大きさ…!!


M「自転車を漕いでる間、曲をかけますので」
N「ノリノリのやつね!」
S「アレルギー!」


まさかのアレルギーをリクエストする翔君。


S「どしても飲み込めな~い♪」
N「先生ー櫻井君がふざけてます!!」


ハピネスをかけて、自転車を漕ぐ5人。
で、サビでまたまたスーパー馬力で漕ぐ相葉さん。
それを見て、やっぱり笑うにのちゃん。






N「相葉氏!相葉氏頑張ってー!!」





応援までしちゃった!!
自分もとりあえず頑張って(笑)。


で、見事逐電成功。
つって、やっぱり倒れ込むにのちゃん。







A「あれ?にのみやくん?にのみやくん!にのみやくんだいじょうぶー!?」








倒れるにのちゃんのてのひらをずっとペチペチペチペチする相葉さん。





A「せんせー!にのみやくんが!にのみやくんが~!」
M「どうしたんだい?」
N「先生…僕の太ももどこ行ったか知りませんか…?」
M「太もも?太ももならありますよここに」


つって、ジュンに太ももを触られるにのちゃん。



N「アァッ!!」




悶絶するにのちゃん。
いい声で鳴いたなぁ(笑)。


相葉さん笑って、にのちゃんの手を引っ張って起こしてあげる。






A「今日頑張ったねー☆」



はい、萌え。




で、溜めた電気でドライヤーを使える時間をストップウォッチでにのちゃんが計るんだけど、
ストップウォッチを止めたにのちゃん、「すげぇ記録出た!」つって、ドヤ顔しながら、8.00秒ぴったしで止まってるストップウォッチをカメラに見せる。



M「以上、ドキドキの…、ドキドキじゃねえや!ビリビリの授業でした!」



最後の最後で間違えるジュン。
キュート!



●3時間目 相葉先生のパクパクの授業


A「これねぇ!さっき作ったけど超美味かったよ!」


いつも本番前に練習で作って食べている相葉さん。



N「パカパカ先生はさっき何を作ったんですか?」
A「パカパカじゃないよ!馬じゃないんだから!」


パカパカって言われてすぐに馬を連想する相葉ちゃんの動物さんっぷりが愛しい。



今日の給食当番はにのちゃんで~~~す!!




「何なんだよ~」と言いつつキッチンへ。
手伝うどころか、料理を始める相葉さんの隣にぴったりくっついて観察。


N「相葉さん、5回目にしてやっと油の量が分かるようになりましたね!」
A「うん!なんかおれりょーりうまくなってきてる!!」


相葉さんを見過ぎです。


しばらくしてにのちゃん、「相葉さん、我は何をすれば…」と質問。
しかし料理に必死な相葉さんに、「だからほら!きゅうしょくのじゅんびしてよ!パンとスープをさ!」って、結構雑に説明される。



つーかあなた今まで何見てたの!

今まで外の3人がどんなことしてたか見てれば分かるだろうに!!
どうせずっと相葉さんばっか見てたんだろ!!



炒めた肉に砕いたカレーのルゥを入れる相葉さん。


A「これはもちろんバーモントカレーでーす!」
N「おぉ!なかなか砕けないバーモントカレーを砕いたんですね!」
で、生徒に「何故バーモントカレーなんですか?」と質問されて、
A「えっと、バーモントカレーにはリンゴとハチミツがはいってるので、カレーとのあいしょうがバツグンでーーす☆


この言い方…!!
ひらがな過ぎる相葉さん!


A「マサキ感激!」
S「今、マサキ感激分かった人何人いるんだろう…」




えっ、分かんない人とかいるの…!!


ショック過ぎる…。
普通に使うだろ…。
ジェネレーションギャップ…!!



またまたナームーの下りをやってからご飯を食べる生徒達。



S「カレーうめぇ!」
N「やっぱカレーのポテンシャル高いね」


生徒達にも大好評。



N「先生食べないんですか?」
A「じゃあ先生も食べようかな!」


つって、生徒の間に入って、でけぇ菜箸で食べる相葉先生。


A「うまい!親父も喜ぶわぁ~!」


で、あまりにも好評だったので、もっかいレシピを読み上げる相葉さん。


A「知りたい方はこれFAXしましょうか?」



そんな雅紀ジョークの後に、また「VTR、ブヒー!!」つって豚鼻して重苦しいVTRにいくのであった…。



●4時間目 櫻井先生のパチパチの授業


パチパチの授業が始まるんだけど、ふとカメラに抜かれたにのちゃんが、髪の毛がボッサボサで、まるで浮浪者のようなえらい有様で、翔君もヲタもギョッ!!となる。
3時間目まではアルゼンチン代表のままだったから、それを取ってボサボサ頭に。


N「見て分かる通り、私のビジュアルがどんどん変わってきてると思うんですけど」
S「完全に雨上がりの様相ですよね」
N「今、何もしてないはずの右肘が、激烈に痛いです



もうボロボロのにのちゃん。
頑張れ~!


で、パチパチのVTR~。
内容は若干変わってたけど、相変わらずのトリビアっぷり。

この日のロケ、前日3時間睡眠だったみたいで、妙にテンションが高い翔君。
最後まで博士のキャラは掴めないまま終了~。



VTRが終わり、気になったことはありますか?と櫻井先生に質問されるにのちゃん。


N「気になったことはですね、2つ目の電流盤かな?あの時に鼻が取れたことです


S「……」
N「あれ、櫻井先生ですよね?」
S「……そうです!私です!一週間前にロケしました!ちょうど下校時刻と重なって、沢山の学生がいて、
『あれ、とんねるずじゃね?』って言われました!その後、『あ、櫻井じゃね?』って言われました!あの鼻も、両面テープのガムテープでくっつけてるんです!」

A「あ、だからホリ深かったのか~!」


粘着が強過ぎて、目と目の間がギュッってなってた翔君。


S「でもロケバスで一回外しちゃって、そしたら粘着力がなくなっちゃったんです!俺だってギリギリでやってんだよ!!」


爆発したかのように捲くし立てる櫻井先生。



S「大野!聞いてるのか俺の話!」


ここでいきなり智に話を振る翔君。
ぼけっとしてる智。


S「今から君を褒めようと思ってるのに!」



で、何を褒めるかと思ったら、



S「1時間目のビリビリの授業で」
N「ドキドキですね」
S「ドキドキの授業で水をかけられたのに、2時間目では乾いてましたね。そんな立派なジーンズに拍手!





何それ(笑)。
どうせなら智を褒めてよ!ジーンズじゃなく…!


智はジーンズを見せ付けるような体勢でステージをぐるっと回る。


●5時間目 大野先生のモシモシの授業


智が「もしもし」という言葉をを言うたびに「もしもーし!」と言う生徒達。
それに、何故か「もしもーし!」って返す智。



O「えっともしもしの」
N「もしもしー?」
O「もしもしー」
M「もっしもーし!」
O「もっしもーし!」


このもっしもーし!が可愛い…!!

授業を進めようとするたびに「もしもーし!」って生徒達が言って、
無視すりゃいいのにいちいち「もしもーし!」って返すからなかなか進まない。


携帯のプレゼントはまた智担の子に当選。


N「いいなー!僕なんか15年間プレゼント一個ももらってない!」


何時代から「もしもし」は使われてるかクイズで、また「少女時代!」って答えるにのちゃん。
そしてまた、「ペッチャペッチャ~♪」って適当に歌う智。

O「何か恥ずかしくなってきた…」
S「何時代でしたっけ?」
N「少女時代です!」


O「ペッチャペッチャトゥートゥートゥーートゥーポンポンポンポ~ン!」



N「変わった!ポンポンポンになった!」


振りもアバウトだけど一応少女時代風に踊ってました!


で、大野光線の下り。


智がいつものように、「大野光線を出します」つったら、前回までは「光線~?」みたいに渋々前に出てきてた生徒達。
しかし、今回ラストは、「はい!」って素直に前に出てきて、智が光線を出す前に「はい、わ~~~~~~」って手を上げてやられた振りをする。


それに怒る智。


O「おい!いつもの下りドコ言ったんだよ!」
いつもの下り(笑)。


O「そうやって、トントントントン、トントン拍子に!」


O「何なんだお前らは!」
N「人間です!」
O「僕も人間です!」


このやりとり可愛い(笑)。


で、まぁ結局大野光線をやらせてもらえることになった大野先生。

何だかカメハメ波のような構え。


N「あれ!?何か見たことあるぞ!(笑)」


思いっきり手に気を溜めたと思ったら、







「ハァァーーーーーーーーッ!!!」(美声)



つって、口から光線を出した。


構え、関係ねぇー!


大きい声を出したもんだから、やった後に、クラクラして座り込む智。



S「大野先生、変えるなら今ですよ」
O「変えるって何だよ…。これは光線なんだから」
S「いいんですね?」


この光線で、4万5千人倒すという智。


「ちょっと速くなるかも」って前置きをして、



「ハァァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!」



って、何とかグルッと一周してヲタを光線で倒す智。
しかし、やった後にやっぱりクラクラする智。



N「目がチカチカしてるじゃないですか!」
S「だからさっき変えるなら今だって言ったじゃないですか!」
O「二宮がやれって言ったからだ!!」




メンバーに感謝の気持ちを伝えようのコーナー。


M「もう俺達4人終わったんだから今日は先生の番です」


智は知らなかったのかな?
戸惑いながら、ステージに移動。


O「え~…?じゃあ、みんな、僕への感謝の気持ちを…言ってもらえるのかな…」
O「翔ちゃん、順番お願い」
S「オッケーイ!」


この、翔ちゃんに任せる感じがグッとくる…!!
後、久々に翔ちゃん呼びだったかも!
やま~!!




M→O
大野智君に感謝していること。松本潤。
デビューしてから12年。
Jrから数えるともっと長い。
どういう風にリーダーと接していくのが正しいのか、最初は思った時もあったんですけど、
その頃からリーダーはすごく優しくて、何でも受け止めてくれる、そんな人でした。
色んな人に、「仲が良いね」とか「楽しくなるね」とか言われるけど、
それは、うちのリーダーが、大野君だったからだと思う。
色んな人の意見を聞いて、受け止めてくれる。

いつもありがとう。
これからもよろしく。




で、終わった後、バイバイ、って手を振りながら帰ってくジュン。
ジューーーーーン!!
可愛すぎる…!!
後、すごい真面目に語ってたので、智がちょっと感動でウルウルしてた!




S→O
大野君へ。
大野君、たまにメールくれます。
ZEROが終わった後に届いてるメール。
「翔君、今日もいい顔してる。今日もイケてる」
何年もこの仕事をしてても、誰かに見てもらえていると、励みになります。
あなたのメールでやる気が出てるのは、間違いありません。
大野君。たまのメール、ありがと。




この、「ありがと」の言い方が、語尾にハートマークついてるような言い方でした!





A→O
おーちゃんへ。
色々なところへ行って、お土産を買ってくるんですが、
まぁ主にTシャツなんですけども、
おーちゃんは、メンバーで、ただ一人、必ず着てくれますよね。
それがすごく嬉しいし、僕の気持ちが伝わったんだなって思います。
ブータンって書いてあるTシャツも着てくれてますね。
嬉しいです。
パズルも、一番早くに作ってましたよね。
そんなおーちゃんが、だいすきです!

O「今日もTシャツ着てきたよ」
A「ありがとっ」




この最後の天然のやり取りも、それぞれハートマークが語尾についてたなぁ~。
天然って普通の会話でも、お互い語尾にハートマークついてるような話し方になるよね~!
後、おーちゃん呼びが懐かしくて超可愛かった!!



N→O
大野さんへ。
Jr時代からもう15年の付き合いですね。
デビューして12年が経ち、ご飯に誘っても一度も首を縦には振りませんでしたね。
この間、Jと三人でご飯を食べる機会がありましたね。
楽しい話をいっぱいしたね。
次の日も、ご飯を食べに行きましたね。
あなたと二日連続でご飯を食べたのは、人生で初めてでした。
でも、いざ二人っきりになると、話すことが全く何もなかったですね。
家に帰って。私考えたんです。
あ、あなたとは、もう全て話せてたんだな、と。
あなたと話したいことは、もう仕事場で全て話せていたんだな、と。
非常に貴重な存在だなと思いました。
二人でご飯を食べても、何も話すことがない、
まぁまたご飯を食べに行くのは12年後になると思うけど、
その時は、一言も話さずに、ご飯を食べましょう。
さとぴ!




この「さとぴ!」もラブラブな言い方でした~。
本当にご飯行ったの嬉しかったんだろうな~!!


で、教室まで戻ってくる智。


O「いや~緊張するね…」
M「大野さん大野さん、確認なんですけど、泣きそうになってました?
O「いや、ダメなんだよぉ…。もう4万5千人がいるってだけで泣きそうになるもん」
M「涙腺弱くなってませんか?」


この、「ダメなんだよぉ…」の言い方がもう!!
ジュンの時にはもうちょっと泣いてたみたい。


O「いやぁ~、これいい企画だなぁ」
N「大野さん大野さん!これ企画じゃなくて、授業です!」


愛されさとぴ万歳~!



で、授業終了~。


最後、何か印象に残ったことは何だ?みたいな話。

A「やっぱ、ご飯作ったのが印象的だったな!なかなかないもんね、ドームでご飯作るって」
S「史上初じゃね?」
O「大野光線で気付いた。声を張りすぎると危ねーなって」



で、トロッコが来て、それに乗って外周をグルッと回るんだけど、
先に乗り込んだにのちゃんが、「相葉先生、行っちゃいますよ!」って声をかけてました!
さくらばが「相葉先生!」「櫻井先生!」って何度も呼び合ってた。


ジュンは「怪物君見てね!」って、智の映画の宣伝をしてました~!

















先に「神様のカルテ」なんだぜ!ジュン!!










以上!!26日夜レポでした~。
スポンサーサイト

  • タグ: イベント レポ
  • コメントの投稿はこちらから ♥

    COMMENT-FORM

    SECRET

    トラックバックはこちらから ♥

    TRACKBACK

    この記事のトラックバックアドレス

    →この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    毛

    Author:毛
    アイドルにキャーキャー言う。

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    カテゴリ

    過去ログ

    2016年 11月 【1件】
    2016年 09月 【1件】
    2016年 08月 【9件】
    2016年 06月 【1件】
    2016年 05月 【1件】
    2016年 03月 【1件】
    2016年 01月 【3件】
    2015年 12月 【1件】
    2015年 11月 【2件】
    2015年 09月 【1件】
    2015年 03月 【1件】
    2015年 01月 【1件】
    2014年 12月 【2件】
    2014年 11月 【7件】
    2014年 10月 【5件】
    2014年 09月 【9件】
    2014年 08月 【4件】
    2014年 07月 【29件】
    2014年 06月 【1件】
    2014年 05月 【1件】
    2014年 04月 【13件】
    2014年 03月 【14件】
    2014年 02月 【7件】
    2014年 01月 【1件】
    2013年 12月 【1件】
    2013年 11月 【5件】
    2013年 10月 【13件】
    2013年 09月 【26件】
    2013年 08月 【27件】
    2013年 07月 【16件】
    2013年 06月 【8件】
    2013年 05月 【19件】
    2013年 04月 【8件】
    2013年 03月 【15件】
    2013年 02月 【13件】
    2013年 01月 【2件】
    2012年 09月 【2件】
    2012年 08月 【6件】
    2012年 07月 【1件】
    2012年 06月 【3件】
    2012年 04月 【3件】
    2012年 03月 【4件】
    2012年 02月 【3件】
    2012年 01月 【5件】
    2011年 12月 【2件】
    2011年 11月 【2件】
    2011年 10月 【1件】
    2011年 09月 【4件】
    2011年 08月 【9件】
    2011年 07月 【10件】
    2011年 06月 【12件】
    2011年 05月 【10件】
    2011年 04月 【16件】
    2011年 03月 【1件】
    2011年 02月 【6件】
    2011年 01月 【6件】
    2010年 10月 【5件】
    2010年 09月 【9件】
    2010年 08月 【17件】
    2009年 11月 【1件】
    2009年 08月 【6件】
    2009年 07月 【3件】
    2009年 06月 【8件】
    2009年 05月 【17件】
    2009年 04月 【12件】
    2009年 03月 【13件】
    2009年 02月 【6件】
    2009年 01月 【6件】
    2008年 12月 【3件】
    2008年 11月 【4件】
    2008年 10月 【1件】
    2008年 09月 【6件】
    2008年 08月 【10件】
    2008年 07月 【11件】
    2008年 06月 【8件】
    2008年 05月 【9件】
    2008年 04月 【6件】
    2008年 03月 【6件】
    2008年 02月 【7件】
    2008年 01月 【8件】
    2007年 12月 【8件】
    2007年 11月 【16件】
    2007年 10月 【6件】
    2007年 08月 【1件】
    2007年 06月 【2件】
    2007年 04月 【2件】
    2007年 02月 【1件】
    2006年 12月 【1件】
    2006年 09月 【2件】
    2006年 08月 【18件】
    2006年 07月 【8件】
    2006年 06月 【1件】
    2006年 05月 【2件】
    2005年 05月 【2件】
    2003年 08月 【1件】

    最新記事

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。