尻上がり


« 06.2017123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/25 KAT-TUNコン大分2日目 レポ ※ネタバレ


大分2日目! 
 
↓以下、ネタバレ!
 

セットリスト
~OP映像~
1.BIRTH
2.STAR RIDER
3.CHANGE UR WORLD
4.Keep the faith
5.ONE DROP
6.WHITE
7.LOCK ON
8.COSMIC CHILD
9.儚い指先
10.FINALE(Tソロ)
11.STEP BY STEP(Nソロ)
~お遊びVTR~
12.ULTIMATE WEELS
13.ONE DAY
14.PERFECT
~MC~
15.SMILE FOR YOU
~バンド紹介~
16.DANGEROUS CAT~MAKE ME WET~(tソロ)
17.ずっと(Kソロ)
18.タイトル不明(Uソロ)
19.SOLDIER
20.あの日のように
21.歩道橋
~お遊びコーナー(中丸クリニック)~
22.NEVER×OVER
23.GIVE ME,GIVE ME,GIVE ME,
24.LIPS
25.Peacefull days
26.勇気の花
 
~アンコール~
27.Real Face
28.喜びのうた
 
~Wアンコール~
29.Going!
 
~トリプルアンコール~
30.DIAMOND
 
 
 
・STAR RIDER
こきとカズヤが踊ってる最中にぶつかる。
ってこのレポいらなくね?(笑)
この情報の必要性に疑問を感じながらも、一応メモしてあったからここに記しておきます。
2/25のSTAR RIDERにて、亀梨和也と田中聖が、ぶつかったのだ、と…。
 
 


・CHANGE UR WORLD~Keep the faith
衣装のスーツのジャケットを脱ぐんだけど、ゆっちがイヤモニのコードか何かが引っかかって、全然脱げないという地味なハプニングが発生。
しかしずっとスーツの首の後ろに手を回して無の表情で脱ごうするゆっちが非常に生活感ある雄々しさでよかったです!!


 
私にする!?私にする!?それともワ・タ・シ!?!?!?!?みたいな、そういう迫り方をしたい、と思いました。(恐怖の一択) 
 
 
そして、やっぱり3曲目の時点で顔油(がんゆ)まみれのカズヤ。
顔油ちょうだい!!というファンサうちわを持ちたいくらい。
 
ガンサ。(顔油ファンサ)
 
 
 
・ONE DROP
ゆっちのトロッコがすぐそこを通過する!!!!!
キャー!!キャー!!!ファンサくれ!!ファンサくれよ~~~!!
って思ったら、
 
 
 
 
 
すげぇ尻向けてる。
 
 
 
 
 
 
見事にうちらのとこ通る時、急に尻の方向けた。
完全なる尻。
 
 
もうね、はかったようなタイミングでね、尻向けちゃってね、お前ね、私がお尻担と知ってのファンサか!?!?
 
 
 
 
逆に喜ぶ。
 
 
 
尻ファンサ。(感謝)
 
 
その後、ちょっと遠くにカズヤ、ちょっと近くにたっちゃんのトロッコが私を挟んでやってきて、
どっちとも見たい私はテニスの審判のような動きで見てたんですけど、まぁ、二兎追う者は一兎をも得ず、ということを身を持って学んだだけでした。
ガーーーンヌ!!
 
・挨拶
K「お前ら全部さらけ出して帰れ!!」
N「今日はたっぷり遊んで帰りたいと思います」
T「しんけん嬉しい~!!」
U「調子はどうですか!?その調子で最後まで盛り上がっていきましょーう!」
t「全然聞こえねぇ」(耳鼻科に行った方がいい)
 
 
 
・FINALE(Tソロ)
この曲の登場が、ステージの下からポップアップでピョ~ンッ!!って飛び出してくるんだけど、田口君の跳躍が凄過ぎてすんげぇ跳んじゃって、着地する時によろけてた。
 
ちなみにメモには、最後「顔おさえて終わる」って書いてあるんだけど、そんな特筆すべきことだったのか…?謎。
 
 
 
・お遊びVTR
・田口君のサムライ☆チャレンジ
「10秒でリフティング10回成功できるか?」という果たし状。
最初から「1秒に1回ってこと~?」と不安な田口サムライ。 
結果、全然ダメで成功ならず。
 
中丸「普通に4回くらいしか出来てなかった!」
 
 
 
・ULTIMATE WEELS
メモにはアルティメ いい尻と書いてあるんですが、
恐らくトロッコに乗ったカズヤのお尻のことだと思います。
 
 
 
・ONE DAY
昨日と同じくゆっちはメガネ、こきは髪の毛一つ結び。
田口本気愛のノンちゃんとは今回は違う席に入ってたんだけど、田口君を見ようとしたら、田口君の向こう側に必死の形相でウチワをアピールするノンちゃんを見つけてしまって、もうノンちゃんしか見れませんでした。
 
前日にYOU YOU YOU ( ⌒O⌒)σ されたもんで、
欲望の塊、みたいな顔でうちわアピールしてた。
 
 
 
・PERFECT
始まる前に「皆の笑顔はPERFECTーーー!!」 と叫ぶ田口君。


カズヤはやっぱりPERFECT MY FRIEND PERFECT YOUR SAY!!でした。
二回目のパーフェクマイセイですけど、やっぱり絶対歌いだしづらい。
 
 
 
・MC
田口「ナイストゥーミートゥー!」
中丸「今日でもう2個目ということでラストですよ」
田口「しんけんよだき~^O^!うそうそカワウソ♡」
「よだき~なら帰れよ」
上田「何(∂е∂)!?どういう意味(∂е∂)!?どういう意味(∂е∂)!?」
田口「え~?だるい、みたいな^O^?」
聖「じゃあ帰れよ」
田口「だから~^O^うそうそカワウソ♡って」
田口君今日も絶好調に小学生。
 
亀「しらしんけん」(←大分弁)
上田「どういう意味(∂е∂)!?どういう意味(∂е∂)!?」
亀「“一生懸命”だよ」
たっちゃんがずっとアホの子みたいで可愛い。
 
 
遺跡トーク。
中丸「遺跡もいっぱいありますね」
田口「何席あるの~^O^?」
中丸「一席」(即答)
冷たい(笑)
 


ご当地トーク。
亀「関、サバ?」
聖「関アジも」
田口「関口^O^」
中丸「昨日頂きましたね」 
 
誰にも気付かれなかったけど、私は気付いてたよ!田口君!!
何なら心の中で「宏かーい!!」ってツッコんだよ!!
もう~いちいち田口君がツボでしょうがない。
 
 
中丸「亀梨君が誕生日を迎えたんで」
亀「お店の人が気を遣ってくれて、関サバと関アジの頭に花火ブッ刺して持ってきた(笑)」
亀「後、グーフーね。塩で食べるやつでね。おつだったね」 
聖「みんな聞いて聞いて!俺、白子食べれるようになったの♡」 
亀「お前昨日100回くらい言ってたよね、白子って(笑)」
聖「今まで食べれなかったんだけど、食ってみ?って言われて食ったら、『…うまい!すいません白子!すいません白子!』って」
聖「食えないっつった5秒後には世界で一番好きな食べ物になった」
  
盛り上がるメンバー。
そしたら田口君が、「楽しかったね♪上ピ~^O^?」ってたっちゃんに話を振るんだけど、たっちゃん、無表情。
 
上田「僕、皆とご飯行ってないんです」
中丸「上田君だけね、色々リハーサルがあってご飯参加出来なかったんですよね」
 
えーーー可哀想!!!
多分、アリーナとドームのソロ曲を変えるから、そのリハとか打ち合わせとかなのかな。
つーか皆とご飯行けなくて拗ねちゃうとか何なんだよ!!可愛さの限界知らずか!!
 
 
亀「でも俺らギリギリまで待ってたんだよ?」
上田「えっ(∂е∂)!?ホント(∂е∂)!?」(←パァ~ッ!って嬉しそうな顔)
亀「食べないで待ってたんだけど、連絡が随時来て、『全然終わりが見えません!全然終わりが見えません!』って言われて」
メンバーが自分を待っててくれたと聞いて、一気にテンションの針がにギュンッ!!って上がるたっちゃん。
何かもう、いちいちギャーーーッ!!って叫びたい。
逐一ギャーーーッ!!と叫びたい心境。萌え過ぎて。


は~たっちゃんマジ可愛いな…とか思ってギラついた顔で興奮してたら、こきがいきなり、「中丸が酔っ払っててさ~、それがもう可愛くて♡」とか言い出して、
 
 
 
 
ギョンッ!!!
 
 
 
 
ってなった。
 
 
酔っ払った、ゆっち、だと……?
何その性的な響き。
どう考えてもこの先萌えるしかない予告。
   


聖「ちょっと段差のあるところに座ってて、店員さんが『おかわりどうしますか?』って聞いたら、中丸、『こ~ら…』って」
 
 
こ~ら、って。


こ~ら、って、






 
 
こらーーーーーーーーーー!!!!!!!!(という典型的ダジャレ)
 
 
 
 
もうね、




中丸「いや、ビール飲んだんですよ。僕飲めないんですけど、とりあえずビールってなって。そしたらかめの誕生日っつってシャンパンも頂いて。で、ひれ酒も飲んで、死にました」
 
もうさ、こんだけかっこいい人がビール飲めないし、お酒弱いし、飲めて梅酒だし、コーヒーも飲めないし、自販機ではココア買うし、好きな食べ物はイチゴ→グミ→ミルクレープだし、嫌いな食べ物はグリンピースだし、これで萌えるな、って言う方の気が知れない。
人を萌えさせる才能を神から授けられたとしか思えない。
モエテクレー!!という魂の悲鳴を感じる。
本人は全然、萌えられるのとか気持ち悪くて嫌だと思うんですけど、もうこれ持って生まれた才能だからね、やむを得ない。
悲しき宿命を背負ってしまったね…。
 
 
聖「その後、中丸ずっとこうだった(ぐったりしてる)」
亀「田口が『わっ!!』って驚かしたら、中丸がビクッ!!って起き上がって、『バッカお前心臓止まるだろ!?!?』って(笑)」
聖「違う、『死ぬだろ!?』って。心臓がノミ並」
田口君やっぱり小学生。
 
聖「その時ミ●キーがこうしてる(顔隠してうなだれてる)プリントのTシャツ着てたんだけど、中丸それと同じ格好してた(笑)」
 
ゆっちとミ●キーのシンメ。
そんなもん見たら私の脳内がエレクトリカルパレードするわ。
毛穴が開いたり閉じたりするだけのエレクトリカルをお届けするわ。
節電!! 
 

亀「つーかお前、頼んだコーラ飲まなかっただろ!」
中丸「いや、飲んだ」
亀「コーラ2本飲んだ?本当に?」
中丸「いや、飲んだ!!」
亀「お前がぐったりしてる時、女将さんが最後に持ってきてくれたんだよ。『こいつ絶対飲まないよなぁ』って思いながら見てた(笑)」
 
何だよこのやりとり(笑)!!
そのコーラ飲んだか飲んでないかの下り、割とどうでもいいよ(笑)!!

 
ここでモニターにたっちゃんの表情が抜かれるんだけど、全然参加出来ないからしょんぼりしてて、すっごい可愛い!!
 
中丸「上田、超~冷めてんな顔」
上田「僕は皆が寝静まった頃、一人で冷めたおにぎり食ってましたよ…」
中丸「どうにかしてなぁ~上田もなぁ~せっかく来たからなぁ~」
ギャッ!!声優しっ!!
菩薩かっ!!
 
上田「大分はフグが有名なの(∂е∂)!?」
亀「海鮮が有名だよね。ホテルの目の前海だし」
上田「おんせんはどこにあんの(∂е∂)!?!?」
さっきまでダンマリ決め込んでたのに、会話に入れてもらった途端、小学生のような無邪気な食いつき方するたっちゃん。
もう全部ひらがなでお送りしたい。
 
亀「ここ別府だよ(笑)俺、朝風呂したよ」
上田「べっぷ(∂е∂)!?え!?ここがべっぷ(∂е∂)!?」
中丸「上田さん!?」
亀「ここが別府だって(笑) 俺、大分だったら別府温泉行きたいって言ってたじゃん」
上田「だからおんせんっていってたのか~(∂е∂)!!」
中丸「上田、地理ちょっと弱いよな?」
何その情報。
俺、上田地理弱いの知ってます、みたいな中丸的Wikipedia。


ありがとう。


「上田竜也」の項目に追加しとけよ!
たっちゃんいまだにボクシングの情報しか書いてないんだから!!
 
 
亀「温泉気持ちよかった~!」
上田「べっぷ(∂е∂)!?」 
亀「日出(ひじ)温泉?」 
上田「ひじ(∂е∂)?肘温泉(∂е∂)?」  
亀「(笑)肘だけあっためても温かくならねーだろ(笑)」   
 
田口「俺も温泉入った!何時に入った?」
亀「10時くらい。朝だったから誰もいなくて超気持ちよかった!」
田口「俺、7時半 (⌒ー⌒)」(ドーン)
 
出ました!
田口君の人を苛立たせる顔!
  
聖「お前のドヤ顔マジぶっ飛ばしたい!」 
亀「田口は朝食食べるから早いんだよね」
田口「違う違う、ブルェックファースツ (⌒ー⌒)」(英語発音)  
聖「何で今「レ」巻いた!?」


朝食は何食べたの?と質問されて。
田口「スクルァンブルとソセージ(⌒ー⌒)」(英語発音)
聖「ホットコーヒーどんな発音だっけ?」
田口「ハッ!カフィ!(⌒ー⌒)」(英語発音)  
聖「俺本当にお前のこと嫌いだわ(笑)!」
 
そう言いながら満面の笑顔だし、話を広げちゃうこきたんはさすが田口君の相方!!
 
そしたらいきなりたっちゃんが笑い出して、「待って、田口顔にゴミついてる!(笑)」つって、
田口君の顔がアップで映ったら本当についてる(笑)
MC結構長いこと経ってんのにね(笑)
 
聖「顔にゴミつけてるとか、子供か(笑)!」
 
しかも自分で取らんと、カズヤに取ってもらう田口君。
も~~~~~どんだけ可愛いの!?!?
本当天性の末っ子気質だな!!


 
ゴミを取ってもらいながら、田口君。
 
 
「皆さん、ゴミんなさい☆」 (ドーン) 
 
 
はぁ~もう可愛過ぎる(笑)
ゴミんなさいとか、もうメンバー全員無視してたし。
笑う。


聖「そういえば俺、鬼のミイラ見に来たの大分だわ」
亀「あぁ、ヘイヘイヘイのやつね?」
中丸「お~、いた!?」
聖「ちょっと待って、今お前何て言った?」
中丸「お~、いた!?(笑)」
ゆっちのダジャレ…。


聖「鬼は子供を守ってくれるからね」
上田「へ~。時代は変わったなぁ~(∂е∂)!」
聖「え!?お前生きてたの!?(笑)」
 
 
中丸「九州って美味しい食べ物いっぱいありますよね」
亀「俺将来九州に住みたいんだよね~!美味しいご飯いっぱいあるじゃん。博多!?福岡の…」 
上田「ほうげん(∂е∂)!ほうげん(∂е∂)!」
亀「福岡の博多市?男女比が7:3なんだって」
上田「ね(∂е∂)!?はかたびじんってゆーもんね(∂е∂)!?」
聖「上田、うるさい(笑)」
中丸「上田は方言好きなんだよな」(出ました中丸Wikipedia)
上田「はかたべん(∂е∂)!はかたべん(∂е∂)!」
聖「上田、うるさい!(笑)」
中丸「ゆるキャラも1位なんですよね?」
上田「くまもん(∂е∂)!くまもん(∂е∂)!」
聖「でもゆるキャラつったら千葉県のチーバ君もなかなかのものですよ」 
亀「I LOVE 千葉だもんな(笑)」
聖「柏のカシワニっていうワニもいるの!」 
 
ここで聖の地元、柏トークに。
亀「聖、定期的に柏Walker出てるよね(笑)俺なら丁重にお断りするわ(笑)」
断るなよ(笑)
 
聖「あれ、柏の駅前で撮影すんの!」 
聖「この前撮影してたら、同級生に会った!」
亀「俺、同級生と定期的に会うんだけど、面白いの。スーツ着てくんの」
聖「昔すげーヤンチャしてた奴に会って、ガラ悪く『こうき~!』って来るから、『お前今何してんの?』って聞いたら『俺?公務員』」
聖「えぇ!?お前公務員になれんの!?って(笑)」 
 
田口「俺なんて今回ついてくれてるバンドのメンバーのドラムが同じ高校の同級生だよ~^O^」
偶然、高校の同級生だったらしい。
そんなこともあるんだね~。
 
亀「高校の同級生皆モヒカンなんですか?(笑)」
田口「モヒ高校です^O^」
聖「え?」
田口「それで~^O^」
聖「え?お前今何で流した?(笑)」
 
田口君が滑ったんじゃないよ!!
カズヤの時点で滑ってたんだよ…!!


田口「昔言ってたんですよ。いつかなんか一緒にやれたらいいね~って^O^」
聖「お前KAT-TUNで本当に良かったな!」
田口「本当だよ~俺からKAT-TUN取ったら何も残んないよ^O^」
亀「残せよ!」
聖「ジャグリングくらい残せよ!(笑)」
田口「ね~^O^」(ね~、って…!!)
亀「それただのジャグリング出来るお兄さんじゃん!」
田口「特技、KAT-TUN^O^!」


特技KAT-TUNって…!!
もう田口君の発言全てにおいて意味が分からな過ぎて愛しい!!
 
アルバムの話とかしてなかったことを思い出したゆっち。
中丸「皆さんに伝えたいことがあるんだった」
亀「伝えたいことが、あるんだ♪」
中丸「オフコース」
 
オフコースを歌うカズヤに目線すらやらずに間髪入れずにツッコむゆっち。
そしたらカズヤが急に目をキラキラさせて、「それだよ!!」って興奮しながら言い出す。




亀「お前!それ!そういうのだよ!!」
 
ゆっちにハイタッチするカズヤ。
え?何?
何のハイタッチなの(笑)?
 
亀「お前!出たじゃん!!それ!それが好きなの!!」
 
そうなんだ…、みたいな(笑)
何か今回のツアーではあんまりツッコんでくれなかったので不満だったらしいよ。
ちょっとこっちが引くくらい、すごい感動してた…。
 
 
聖「今の中丸のツッコミ、つめたっ!」
「いや、でも俺、それが好きだよ、中丸の」(真顔)
 
何その告白。
すげぇ真顔だし…。
ゆっちに冷たくツッコまれて悦ぶカズヤなのであった…。


 
中丸「じゃあ徐々に出していきますね」(coolだな笑)
亀「大冒険ね!!」 
中丸「え?」
亀「ジョジョの大冒険!!」
聖「あの、ごめんなさい。ジョジョは大冒険してませんからね?奇妙な冒険です」 
 
大冒険はダイです。
 
 
今まで出したシングル全部1位になったという話。
中丸「まぁ~感謝してますわ」
聖「何で上からなんだよ!!(笑)」
この言い方…!!(笑)
最高だな!!それでこそ中丸オスイチ!!
 
中丸「アルバムも1位取りたいね~」 
聖「今皆さんプレッシャーかけられてるよ?」 
亀「中丸こっち向いてるけど、発信してるのはそっちに向けてだったよね(笑)」 
聖「皆さん帰りに2、3枚買って帰って頂ければと思います」 




亀「そういや今日田口ウザかったな~!!」
亀「俺と聖と中丸でリハ終わって、疲れてちょっと『フィ~…』ってまったりしてたわけ」
亀「で、スタンバイ部屋もう一つあるのに、わざわざこっちに田口が入って来て」
 
 
『ふぃ~っ!あれ?皆病気みたいじゃね^O^?』って」
   


聖「しかもシャワー浴びてるからタオル一枚で『皆疲れてね^O^?』って」
 
わざわざ皆がいる方に来ちゃう田口君ほんっと可愛いな!!
もうMC、田口君が可愛いしか言ってないけど、ほんっと可愛いな!!
そして何だかんだで可愛がっちゃうお兄ちゃん達可愛いな!!
お兄ちゃん達って、同い年なのにね、カズヤと聖は!


聖「スタッフの人が関西なんだけど、今日田口、『靴自前やっけ?』って言われて『そやで~』って言ってたよな(笑)何で方言に合わせるの(笑)」
聖「しかも、『持っとって~』ってへったくそな関西弁で(笑)」 
 
 
ここでカズヤが何かを思い出す。
亀「昨日さぁwwwww電話切る時wwwwww」(←爆笑して喋れない)
聖「どうした!?(笑)」
亀「昨日wwwwwMCでww田口が電話で「後ほど~」を「のちほ~」って言うって昨日話してたじゃん?wwwww俺何年も一緒にいるのに一回も聞いたことないって思ってたんだけどww、昨日wwwwwwたまたまwwwwwシャワー浴びて、ドアがちゃって開けた瞬間wwwwwww田口がww電話で『うぃ~、のちほ~』ってwwwwwwwwwww」

笑い過ぎ(笑)


聖「ちょうどよかったんだね(笑)」 
田口「あれベストのちほだった^O^」
何ベストのちほって!?(笑)
 
中丸「絶対「のちほ」のリズムで「のちほど」って言った方が楽よ。ちょっと言ってみ?」 
田口「の↑ち↓ほ↓ど~↓^O^」 
全員爆笑。
 
発音的には「ドシラソ~♪」みたいな感じ。
分かるかな(笑) 
 
聖「お前それ、「のちほ」に発音寄せてちゃってる!(笑)」
亀「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」(←クッソ笑ってる) 
中丸「モヒカン高校バカばっかりだろ!?」(ドラムの人に失礼だろ笑)
田口「モヒ高校だよ><!」(←どうでもいい笑)


相当ツボにハマったらしくて、カズヤとかちょっともう笑い過ぎて泣いてた(笑)
 
亀「はぁ…wそういう田口をもっと知ってもらいたいねwww」
田口「でも2012年はガーッと行くからねd=(^3^)=b」
亀「えっww!?今行けるなら2009年くらいから行って欲しかったんだけど?wwwww」
田口「アイドリングしてた^O^」
聖「なげーよ!!!!!」
亀「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
聖「事務所入って10年アイドリングしてたら、もうガス欠だろ!!!!!」
田口「じゃあガソリン入れてくる~^O^」
 
田口君本当に本当に本当に可愛いなっ!!
この会場にいたメンバーを含む全員が母性的な目で見てたと思う、田口君を。
  
ここでメンバーが着替える為に順番にハケる。
田中。が残り、番宣とか色々トーク。
聖「中丸君も速水もこみちさんの」
中丸「違います。早海さんと呼ばれる日です」
何やかんや宣伝してたら着替えを終えた田口君が戻ってくる。

中丸「お、ガソリン入れてきた?」
田口「ガソリンかなり入れてきたよ~^O^」
中丸「ていうかお前のパンツの色すごいな。そんなオレンジある?」
田口「お前もそんなピンクある?鮭のハラミみてーな色しやがって^O^」
聖「どっちかっつったら鮭のハラミはお前の方だろ(笑)」
すごい色なのはどっちもどっちだけど、すごいショッキングピンクのズボンを鮭のハラミに例える田口君の色の感性マジ分からない。
ここでゆっちが着替えに行き、カズヤが戻ってくる。

亀「田口田口!!ここらへん(セットの床差して)ガソリン漏れてる!!」
ガソリン漏れとか穴開いてんじゃねーの!!みたいに言われて体を触る田口君。
田口「入り口も出口もない^O^」
聖「お前悪い意味で低燃費だな(笑)」
亀「もう俺笑い過ぎて疲れちゃったwwwの↑ち↓ほ↓ど~↓wwwwwwwww」(ハケる真似)
 
自分で言ってまた思い出して爆笑するカズヤ。
亀「お前wwwの↑ち↓ほ↓ど~↓ってwwwwwそれはないだろwwwwwwwwww」

どんだけ笑う(笑)
ここで着替えを終えたゆっちが登場。
 
中丸「お↑ま↓た↓せ~↓」
カズヤ、もう「ギャーーーーーwwwwwwwww」みたいな爆笑の仕方(笑)
すげー笑いながらゆっちとハイタッチ(だから何のハイタッチ笑)
 
聖「俺も↑着↓替↓え~↓」
亀「wwwwwww上田これはプレッシャーだぞwwwwwww!!」
中丸「上田↑は↓や↓く~↓」
亀「う↑た↓う↓よ~↓wwwww」
 
ここでいきなりカズヤが何かに気付いたように、着替えを終えたゆっちのの襟を触り、「中丸襟立たせてるの?」
何で今このタイミングで、そこ気になった。
 
 
着替えを終えたこきが先に登場。
聖「ねぇ、裏で上田が『どうしようどうしよう(∂е∂; 三 ;∂е∂)!俺出れない(∂е∂; 三 ;∂е∂)!』 ってなってる(笑)」
 
え~~~~~~~超!!可愛いな!!
裏でウロウロしてるたっちゃん超可愛い!!
 
亀「上田!普通に出て来ていいよwww」
 
たっちゃん、ニコニコしながら登場。
上田「皆やるから俺もやんなきゃいけないのかと思って…(∂е∂;)!」
聖「初めて人が右往左往してるとこを見た(笑)」




こんな感じで、MC終了!!
このMC、ほんっと可愛かったし、めっちゃ面白かった!!
膝から崩れ落ちるほど爆笑してた、カズヤが。
どんだけ笑う。
田口君がツボなカズヤ。友達部~!!
 
 
 
 
 
・SMILE FOR YOU
まだMCの田口君を引きずって笑っちゃってるカズヤ。
 
 
 
・バンド紹介~ボイパ

バンドメンバーが演奏した後のゆっちの合いの手。
「モヒ高紹介して!」
「素敵な重低音!」
「オシャレな高音!」
「指先オシャレちゃん!」
「ヒザの角度!」
 
 
指先オシャレちゃん(笑)!
 
 
 
・ずっと(Kソロ)
何かちょうちん、増えてね?
 
 
2つから4つになってね?
 
 
すごいそこ気になった。
 
暗かったのかな、やはり。
 
 
 
・ヘンゼルとグレーテル(Uソロ)
っていうタイトルらしいよ、たっちゃんのソロ。
でも英語だから結局全然分からない。
 
 
 
・歩道橋
クレーンで上がって歌うんだけど、私の位置から程近いカズヤが、背後にいっぱいライト浴びて、マジ後光で超絶綺麗だった!


 
 
・お遊びコーナー(中丸クリニック)
VTR明け、ポスターが入った紙袋を持ってステージに登場するドラキュラカズヤ。
亀「ハァハァ…!どこやろ~!?めっちゃ緊張するわ~!!」(ソワソワ)
 
 
中丸先生がステージに登場。
亀「!!!」
中丸「あぁ、ドラキュラ君!」
亀「!!は、ハイ!ハイ!ハイ!」
心臓押さえてるドラカズ。
 
亀「久し…っ!……お久しぶりです」(ベム声)
中丸「何かダンディになったな…」
中丸「パンツマンさん(聖)に聞いたよ。何か謝りたいんだって?」
亀「あの時…僕はどうかしていたみたいです…」(ベム声)
中丸「…絶対ベムだ」
 
亀「僕は…小心者というか…テンションが上がると止められないんです…」(ベム声)
中丸「もしかしてモヒ高行ってた?」
亀「…行ってなかったです」
中丸「あ~ほらキバが刺さって血出てるよ?」
亀「あっ///」(テヘペロ)
先生に口元を見られて照れるドラカズ。
 
中丸先生の耳元に顔近付けて、「でも…先生の治療が一番快・感♡」つって、中丸先生満更でもない顔。
この下りでテンション上がっちゃったカズヤ、駄目押しのようにもう一度中丸先生の耳元で
「快・感♡」って言った後、
「ブラァァァァァーーーーーーーッ!!!」って唐突に機関銃を打つ真似。
(勿論笑ってるのはカズヤただ一人だけ)

 
そんで、仲直りしよう~つって、握手するドラカズと中丸先生。
 
亀「嬉しい///手綺麗///」
中丸先生の手に興奮するドラカズ。
変態か。


ドラカズが興奮したところで、ペペと田口サムライとパンツマン登場。

亀「僕の友達のペペで~す!」
ペペたん、ぶりぶり〜って可愛い仕草。

田口「モヒ之介で~す!」
亀「あれ!?モヒ之介!?何~?働いてんの~!?」

知り合い?と中丸先生に聞かれて、「同小同小~!第二小!タマタマ第二小!」と言うドラカズ。
タマタマ第二小って。
無茶苦茶言う。

ここでまたドラカズが中丸先生の耳元で「先生の治療が一番快・感…♡」って囁く。
やっぱり満更でもなさそうな顔しちゃう中丸先生。
聖「満更でもない顔すんじゃねーよ!」



亀「あの…これ…」
詫びの品として、ポスターの入った袋を渡すドラカズ。

中丸「え~何?いいよ気持ちだけで~」
亀「あっ、じゃあ」
袋を下げるドラカズ。
中丸「くれよ!」
田口「もらえるものはもらっときましょ^o^」

で、「くれよ!」とまで言ってもらったポスターを結局客席にプレゼントするという極悪非道な中丸先生の計らいで、タマタマ転がしゲームに突入。
パンツマンを残してメンバーは客席にスタンバイに行く。
 
その途中でまたしてもボケ合戦開始。
 
花道移動時、ゆっくり歩くぺぺ。
聖「タフに歩いてないで早く行けよ!」
いきなり刀でぺぺを斬る中丸。(怖)
わ~!って倒れるぺぺ。
亀「ペペ!」(ペペに駆け寄る)
駆け寄ってきた亀梨も斬る中丸。(怖)
倒れてる上田に刀を突き刺す中丸。(怖)
中丸「安心しろ。みねうちじゃ」
聖「みねうちじゃねーよ!」
田口君も刀で斬る中丸。(マジ怖)
田口「う…っ!…なんてな!この命、散らせるもんなら散らしてみやがれぃっ!」
聖「早速散ってるじゃねーか!」
中丸「夕飯できたわよー」(刀で野菜を切る真似)
聖「出来てねーよ!」
亀「今日の味噌汁の具何~?」
中丸「じゃが芋よー」(刀で野菜を切る真似)
聖「具とかねーから!」
刀を奪って野球の構えをするペペ。
ピッチャーに扮し、ペペに球を投げる真似をする中丸。
刀を振って打つ真似をするペペ。
聖「ピッチャー投げて、打ったーーー!ホーーームラン!じゃねーよ!」
亀「雨降ってきた~」(刀を傘に見立てて空を見上げる)
聖「それ傘じゃねーよ!」
中丸「アバンストラーッシュ!!」
聖「だからそれやめろよ!昨日も言っただろ!」
中丸「もう早くゲームしましょうよ!!」
聖「こっちがし!た!い!ん!だ!よ!!!!!」
刀を杖にして歩くぺぺ。
しかしペペたん喋れない為に誰にもボケを気付かれず(笑)
必死に「俺も俺も!」って自分指差してアピールするも虚しく、誰にも拾ってもらえないままゲームがスタート。
ドンマイ、ペペちゃん!!
 
タマタマゲームゲーム終了。
亀チーム負け。
 
 
するとすごい剣幕でカズヤが、「校長先生から話がある!」と言い出す。
 
聖「お前校長先生だったの?キャラしっかりしろ!」
亀「皆…俺を止めるな!!」
タマを取ろうとアリーナの中に入ったらヲタがカズヤに押し寄せてきて取れなかった!!という、本気のダメ出しをしだすカズヤ。
カズヤはどんな時でも真剣に勝ちたいんや…!!
どんな下らない勝負でも、負けるわけにはいかんのや…!!
 
聖「皆かめちゃんに触りたかったんだよ」←出ました!優しさ戦士!!


ゲームを終えてステージに戻ってくるメンバー。
 
聖「田口、ヤンキー漫画にそういう髪型した奴いるよね」
 
話してる聖の前に無言でじっと立つペペ。
聖「お前は何してんだよ!」
同じく聖の前に立つ中丸。
聖「お前その元気さっき出せよ!」

聖に突進してサムライの角で刺す田口。
聖「闘牛か!刺させねーよ!」(蹴る)
中丸も闘牛の真似で聖に突進。
聖「スペインか!」
ぺぺが何かする。(よく分かんなかったごめん笑)
聖「お前はケツを重点的に攻めるぞ!」(ぺぺの尻を蹴る)
倒立したままヨタヨタ歩くカズヤ。
聖「自由過ぎる!」
中丸「夕飯できたわよー」(刀で野菜を切る真似)
聖「出来てねーよ!」
田口「味噌汁の具何~?」
中丸「じゃが芋よー」(刀で野菜を切る真似)
聖「お前が具になれ!」
亀「We can do!We can go!」(勢いよく踊り出す)
聖「踊るな!」
全員「We can do!We can go!」(皆で踊り出す)
聖も途中から踊り出してからの聖「うるせー!踊るな!」
中丸「何で止めんだよ!」
亀「明日に向かってー♪」(勢いよく踊り出す)
全員「生きて~いくのさ~♪」(皆で踊り出す)
聖も途中から踊り出してからの聖「踊るな!」
中丸「何で止めんだよ!」
中丸「アムロ行きまーす!」
聖「アムロじゃねーよ!」(蹴る)
田口チャプター2~♡?」(聖に向かって)
聖「チャプター2じゃねーよ!」(蹴る)
聖ソロのニャオ~ン♡を真似するペペ。
聖「お前はケツを重点的に攻めるぞ!」(ぺぺの尻を蹴りながら)
中丸「夕飯できたわよー」(三度目)
亀「味噌汁の具何~?」(三度目)
中丸「じゃが芋よー」(三度目)
聖「出来てねーよ!」
亀「タラちゃ~ん、ちょっとそれ取って~♪」(走りながら)
大騒ぎの中、そっと抽選ボックスを抱えてハケようとするペペ。
BOX抱えたペペの先導でサザエさんED風に走る4人。(ゆっちが異常に上手い)
聖もついてってからの聖「させねーよ!」
中丸「エェッ!?」(驚いたマスオさんの真似)
聖「マスオさんいねーから!」
亀「母さん~この味どうかしら~♪」(走りながら)
聖「母さんそっちにいんの!?」
亀「伊佐坂先生!」(ゆっちに向かって)
聖「囲碁とかしねーから!」
中丸「私はかみなり!」(聖に向かって)
聖「いいから!」
亀「花沢さ~ん!」(田口に向かって)
聖「色々出し過ぎだよ!」
また抽選ボックスを抱えてハケようとするペペ。
ペペの先導でサザエさんED風に走る4人。(やっぱりゆっちが異常に上手い)
亀「タマ!タマおいで!」(ペペに向かって)
今度は亀の先導でサザエさんED風に走る4人。(本当にゆっちが異常に上手い)
ムーンウォークでセンターに戻ってくる田口。
聖「お前ムーンウォーク下手くそだな!」

散々やって疲れるカツン。

亀「この時間だけでLOCK ON分のカロリーは消費してるわ~」
亀「それでは聞いて下さい」
聖「聞かせねーよ!?」
亀「ッヒッカリとーカーゲッ!!」(BIRTH歌う)
聖「ド頭からやるんじゃねーよ!!」
中丸「斬新なフルート!」(刀を持って)
聖「もういいよ!」
マイケルのフォー!をしながら聖の前を通過するペペ。
聖「お前は何なんだよ!?」
いきなり刀で亀を斬る中丸。
亀「うっ…!……オチは…?」
聖「決めろよ!!」
亀「アイマスターライダァ~~~~!!」(STAR RIDER歌う)
聖「歌わせねーよ!?」
また抽選ボックスを抱えてハケようとするペペ。
聖「盗むなよ!」
田口「私は神だ!」(聖に向かって)
聖「うるせーよ!!どっちかっつーと俺が神だよ!!」
亀「あれ…?気付いたら先生(中丸)と仲良くなってる……」(青春ドラマっぽく)
聖「……別に上手くまとめられてねーよ!!」
中丸「上がって下がって、まるでジェットコースターですね」
亀「波は~~~♪」(踊る)
聖「踊るな!」
亀「波は~ジェッコ~スタ~~♪」(堂本剛の物真似)
聖「似てねーよ!!」
中丸「斬新なたて笛」(刀を持って)
聖「もういいよ!」
ステージをゆっくり歩くぺぺ。
聖「タフな歩き方すんな!」
また堂本剛の歌い方の物真似をするカズヤ。
聖「似てねーよ!」
中丸「×××!!」(技の名前聞き取れなかった)
聖「何の技かわかんねーよ!」
亀「ハッ、ハッ!」(堂本光一の物真似)
聖「ちょっと上手くなってんじゃねーかよ!!」
中丸「俺は×××!!」(跪きながら)(技の名前聞き取れなかった)
聖「何してんだよお前は!!」
田口「お腹すいた~(´・_・`)」(可愛い!!)
聖「お前は一番どっか行けよ!」
中丸「お前普通に飽きてんじゃねーよ(笑)!!」

田口君がひたすら可愛い!!
小学生!!
 
 
ここでようやくポスター抽選開始。
 
抽選で引いたチケットの席番号を読み上げる聖。
聖「2L~!!」
亀「DKか!?2Lと来てDKか!?」
これすげー真顔ってか険しい顔で早口で言ってて個人的にスゲー面白かった(笑)
 
 
聖「いよいよこれがラストです」
亀「もう君以外愛せない~♪」
聖「ちょっとラストっぽい雰囲気出してんじゃねーよ!」
中丸「田中さんのツッコミがちょっと遅いかなー」
聖「おっ前ふざけんなよ!!?」
こんな頑張ってる人に対して何の労りもねぎらいもないゆっちに震える。
 
ポスター抽選終わり。
このコーナーも終盤にさしかかり、ドラキュラカズヤと中丸先生が仲直りしようとする。
 
亀「オイラ、怪しいもんじゃないよ♪?」(ベロの真似)
聖「絶対怪しいよ!」
中丸「じゃあもう2年前のことは忘れよう!」

握手しようと手を差し出す中丸先生。
ドラカズヤ、急にシリアスな表情になって、

亀「いや…この2年間をなかったことには出来ない…」(ベム声)
聖「何でだよ!大人になれよ!」
亀「大人の階段を登りたいと思います…」
つって、ステージ上の階段をゆっくり登るドラカズ。
 
聖「大人の階段それじゃねえよ!」
その隙に階段を登りきって渋い表情で遠くを見る中丸。
聖「お前随分大人の顔になったな!!」
ぺぺもゆっくり登る。
聖「タフに大人の階段登るな!!」

そしたら田口君が「じゃあ俺も♪」って言って、
ステージからアリーナに下りる階段を下る(笑)

聖「下るな!退化すんな!!」
 
 
亀「俺の幼馴染のモヒ 勘三郎が最後、ドッカーン!と笑わせて終わります!」
田口「えぇ~~~!?」
聖「待って、お前モヒ 勘三郎って名前にしたの?(笑)」
 
もう無茶苦茶(笑)

そしたらカズが唇を触りながら、「唇痛い…しみる…」って言い出す。
 
亀「俺さぁ~、今日唇しびれてたじゃん?ご飯食べてる時何かしみるな~と思ってたんだけど」




「…コレだ」(キバ指して)


 

キバで負傷!!(笑)
もうどんだけ笑かしてくれんの、この人!!
正直ドラキュラ設定とか割とどうでもいいし、キバとかあんまり必要性感じてないよ、こっちは!!
 
ご飯食べる時にしみちゃうとか悲しい!!(笑)
 
 
で、カズの無茶振りにて、田口が一発ギャグをすることに。


田口「尾崎豊さんが忍者だったら~!盗んだバ~イクでドロン☆」→暗転。
 
何このギャグ。一周回って面白いわ。

 
 
 
・挨拶


K
皆さん今日は本当にありがとうございました。
これだけ沢山の人を待たせてしまって申し訳ない気持ちと、同時にこれだけ沢山の人が待っててくれたことに感謝してます。
皆さんは僕にとって必要不可欠な存在で、パワーの源です。
僕達と繋がってることを忘れずに…皆も生活して下さい。


生活して下さいって。
大真面目に生活指導してきた。
ヲタもちょっと笑ってた。
 



T
今日は本当にありがとうございました。
しんけん楽しかった~!違うか、使い方!
次も絶対来たいです。こんな近くで皆と盛り上がれて、hot warming(英語発音)になります。
…笑い取ろうとしたらダメだね!
でも1+1は、僕のハートですから☆
皆、hot(英語発音)な夜をありがとう!


「1+1は僕のハート」という方程式が謎過ぎて解けない。
 
 
 


U
(田口の後で)…何て言っていいか分かりません(笑)
ライブが延期になって、仕方ないし何とかなると思ったけど、いざツアーの時期が来ると、本当は今頃皆と盛り上がってたのにな…、と寂しい思いをしました。
今日それが叶って初めての地大分で温かく迎えてくれて、盛り上がってくれて。
またやりたいので皆さん応援してほしいです。
3時間、僕らに下さい。
(感動したファンからフ~!と歓声)
…ちょっと、そんな風に言われると恥ずかしくなってきました///
今日は本当にありがとうございました


泣いちゃう!!!!!
寂しくて孤独な気持ちになったりしてたんだって!!
孤独な気持ちになりながら頭を剃ったかと思うと寂しさ10割増し!!!!!
 
たっちゃんは本当に素直に「寂しい」って言ってくれるから愛しいね!!
 
 
 


N
僕にも3時間下さい!
亀「俺はあげられない!」
何でや。
皆さん今日は本当にありがとうございました。
初めて大分でやったんですけど予想以上に温かく迎えてくれて。
メンバー皆言ってますけど、去年は残念なことにコンサートが出来なくて、
今まで当たり前のように思ってたんですけど、ポッと出来ないことが出ると寂しくて、
当たり前じゃないんだなって再認識できたし、今日は天気も悪かったのに、足を運んで頂いて、感謝の気持ちを忘れたらダメだなって思いました。
頑張って、今年はテレビや雑誌をチェックしてもらって、イベントとかあったら是非参加してもらえたらと思います。




 
 


t
一つ覚えて帰って欲しいんですけど…田口君これでも調子いい方です(笑)
今日楽しかった人!
田口「ハ~イ(^o^)/!」(後ろで挙手する田口君)
俺ら同士、皆同士で繋がれるようにこのCHAINというライブを作りました。
初めて今のKAT-TUNを見せれて良かった。
皆さん…これがKAT-TUNです。


いや~いいこと言うよね、この人。
自分でも「いいこと言うぞ!」って思ってるしね、絶対。

それにしたって後ろで「ハ~イ(^o^)/!」って挙手しちゃう田口君がいくら何でも可愛過ぎる。
気付いてなかったけど聖にも見てほしかった。
絶対聖見たら萌えてた。田口君の無邪気さに萌えてた。
コーキ!後ろ後ろ~!!って思ったもんね。



~アンコール~
・Real Face
ボイパするゆっちを田口君と聖で挟んでわちゃわちゃ絡んできてて、ギョギョギョッ!!って思ったら、
たっちゃんが下からゆっちに被るように現れて笑顔でカメラにピースして、ゆっちがたっちゃんの頭をはたいて、んもーーーーー私が妖怪人間じゃなくて良かった。
私が妖怪人間だったら興奮して完全に変身してた。全身ベトベトの妖怪に。
 
そうそう、聖がゆっちのお尻を触ってました。
最年長モテモテ兄さん。 
 
 
ゆっちが花道にしゃがんだと思ったら、ヲタに「ちょーだい」ってジェスチャーして、うちわで仰いでもらってた。
ヒャ~~~!!ドS…!!とときめきながら見てたら、仰がれながらも中丸うちわ持ったヲタに優しい笑顔でお手振りしてて、もうね、恋する。
そんなドSドSと思ってた人がいきなりふわりと笑うからさ、そんなの恋する以外の選択肢ない。
 

ラップのパートは「じゅんの!」って田口君御指名。
もうすっかり上手いし、物にしてて笑える。
 
 
 
・喜びのうた
サインボールを投げるんだけど、ゆっちのアリーナ席へのボールの投げ方が、シュンッ!!って、何の躊躇いもなくすごい高速だったのを見て、「あ、ゆっちだ…」と思って安心する。
私の知ってるゆっちだった。
 
最後、たっちゃんがジタバタジタバタしてて可愛い!!
 

で、曲終わってダンサーさん達を紹介する時に、ゆっちと田口君と聖だったかな。
 

 
hot coffee!!
hot dancers!!
hot coffee please!!
hot staff!!
hot coffee!!
hot audience!!
hot KAT-TUN!! 
 
 
って英語発音で言ってて可愛過ぎた!!
MCの田口君のハッ!カフィ!!を引きずっているカツン。
 
 
最後の手繋ぎがKTTUNの順なんだけど、ロバ丸がいつまでも手を繋いでるみたいに見えたので、俺の目超偉い。
 
バイバ~イって皆ステージからハケる。
 
ハケたと思ったら、左右の出口からそれぞれ交互に出てきてボケ合うロバ丸。
 
中丸「以上を持ちまして…」(アナウンスの真似)
聖「帰るぞ!!やらねーと思ったけど今日は!」
上田「影ながら(?)をもちまして…」(アナウンスの真似)
聖「帰れよ!」
中丸「以上を持ちまして…」(アナウンスの真似)
聖「もういいよ!」
上田「僕のことは嫌いでもっ、KAT-TUNのこと」
聖「言わせねーよ!!」(たっちゃんに飛び蹴り)
左右行ったりきたりしながらツッコむ聖。
大変ね!
 
 
 
~Wアンコ~
・Going!
聖「本当に帰らせね~なぁ!!」
田口「暑過ぎて白子になっちゃうよ^o^」
聖「白子になっちゃうの!?」
どういうこと?(笑)
 
そしたら田口君がゆっちの衣装を見て、いきなり「中丸君、すごいねパンツ~^o^」って言い出して、
ゆっちが驚きながら「この時間に言うことか!!」とツッコミ。
田口君マジ無邪気。
 
 
 
 
・DIAMOND
カズヤが目の前に来た時、指をペロッて舐め始めたから、あ、いつものかっこつけファンサ来るな、って思って生ぬるく見てたら、ただ純粋に口の中に入ったゴミ取ってるだけだった。
マジ、真顔でゴミ的なもん取ってた。
勢い良過ぎてエアーダスト食ってたカズヤ。
すげー真剣な顔でゴミ取ってた。
 
愛!!



中丸「以上を持ちまして…」(アナウンスの真似)
聖「帰るぞ!」
上田「ありがとう~♪君がいて~くれて~♪」(西野カナ)
聖「歌うな!」
中丸「さよならーさよならー♪」(オフコース)
聖「もういいよ!」
上田「ある~いて~いこ~♪」(いきものがかり)
聖「もういいって!」
とツッコむも、実はたっちゃんはステージから出ないで歌っててそこには誰もいない。
聖「あれ?いない(笑)」
ステージに一人取り残される聖。照れ笑い。
 
可愛い!!
 
・chain of love
で、いいんだよね?ボーナストラックのタイトル!
いや分からないけど。そう歌詞で言ってるからさ。
 

聖「大分は飯は美味しいわ女はわがままだわ!!」
上田「女のわがままはアクセサリーだぜ?」
たっちゃん、それ聖さんの過去の恥ずかしい発言や!!

亀「もっかいやりたい人~!?」
\はーい!!/
亀「やりたくない人~!?」
\シン……ッ!」
 
あまりの静まり具合にカズヤバカウケ。
何故かもう一回同じやりとりを繰り返す(笑)
 
聖「そういう時のchain半端ねえな!!」



そんで歌が始まったらまた皆スタンドの席に入ってってファンサするんだけど、
もうゆっちとか勝手にタオルで汗を拭き取られたりしてるんだけど(汗泥棒と呼ぶ)、
そんな汗泥棒も意に介さず、ひたすら握手したり手を振ったりしてて、何かもうすげー驚く。
何なの!?その気品溢れるファンサ何なの!?
皇室!?皇室の人!?
ロイヤル的存在!?


なるほど、拝ませて!!




そんな感じで、大分レポ終わり!!

いや~本当すっごい可愛かった。
何かさ、今までのコンサってMCはいっつもコピペみたいに同じことの繰り返しだったけど、今回はどんどん本人達も盛り上がってきて楽しんでるのが伝わって、すっごい可愛い!!
 
会場出た後で、私満面の笑みで「仲良し毎日更新中!!」って言ったもんね。いい笑顔で。
 
ツアーのサブタイトルにしたら良い。
 
 
 
Chain ~仲良し毎日更新中~
スポンサーサイト

  • タグ:KAT-TUN ライブ レポ
  • コメントの投稿はこちらから ♥

    COMMENT-FORM

    SECRET

    トラックバックはこちらから ♥

    TRACKBACK

    この記事のトラックバックアドレス

    →この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    毛

    Author:毛
    アイドルにキャーキャー言う。

    カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    カテゴリ

    過去ログ

    2016年 11月 【1件】
    2016年 09月 【1件】
    2016年 08月 【9件】
    2016年 06月 【1件】
    2016年 05月 【1件】
    2016年 03月 【1件】
    2016年 01月 【3件】
    2015年 12月 【1件】
    2015年 11月 【2件】
    2015年 09月 【1件】
    2015年 03月 【1件】
    2015年 01月 【1件】
    2014年 12月 【2件】
    2014年 11月 【7件】
    2014年 10月 【5件】
    2014年 09月 【9件】
    2014年 08月 【4件】
    2014年 07月 【29件】
    2014年 06月 【1件】
    2014年 05月 【1件】
    2014年 04月 【13件】
    2014年 03月 【14件】
    2014年 02月 【7件】
    2014年 01月 【1件】
    2013年 12月 【1件】
    2013年 11月 【5件】
    2013年 10月 【13件】
    2013年 09月 【26件】
    2013年 08月 【27件】
    2013年 07月 【16件】
    2013年 06月 【8件】
    2013年 05月 【19件】
    2013年 04月 【8件】
    2013年 03月 【15件】
    2013年 02月 【13件】
    2013年 01月 【2件】
    2012年 09月 【2件】
    2012年 08月 【6件】
    2012年 07月 【1件】
    2012年 06月 【3件】
    2012年 04月 【3件】
    2012年 03月 【4件】
    2012年 02月 【3件】
    2012年 01月 【5件】
    2011年 12月 【2件】
    2011年 11月 【2件】
    2011年 10月 【1件】
    2011年 09月 【4件】
    2011年 08月 【9件】
    2011年 07月 【10件】
    2011年 06月 【12件】
    2011年 05月 【10件】
    2011年 04月 【16件】
    2011年 03月 【1件】
    2011年 02月 【6件】
    2011年 01月 【6件】
    2010年 10月 【5件】
    2010年 09月 【9件】
    2010年 08月 【17件】
    2009年 11月 【1件】
    2009年 08月 【6件】
    2009年 07月 【3件】
    2009年 06月 【8件】
    2009年 05月 【17件】
    2009年 04月 【12件】
    2009年 03月 【13件】
    2009年 02月 【6件】
    2009年 01月 【6件】
    2008年 12月 【3件】
    2008年 11月 【4件】
    2008年 10月 【1件】
    2008年 09月 【6件】
    2008年 08月 【10件】
    2008年 07月 【11件】
    2008年 06月 【8件】
    2008年 05月 【9件】
    2008年 04月 【6件】
    2008年 03月 【6件】
    2008年 02月 【7件】
    2008年 01月 【8件】
    2007年 12月 【8件】
    2007年 11月 【16件】
    2007年 10月 【6件】
    2007年 08月 【1件】
    2007年 06月 【2件】
    2007年 04月 【2件】
    2007年 02月 【1件】
    2006年 12月 【1件】
    2006年 09月 【2件】
    2006年 08月 【18件】
    2006年 07月 【8件】
    2006年 06月 【1件】
    2006年 05月 【2件】
    2005年 05月 【2件】
    2003年 08月 【1件】

    最新記事

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。