尻上がり


« 10.201712345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/20 KAT-TUN東京ドームレポ ※ネタバレ


東京dooooooooooom!!!
 
 
ということで、今更、大分の2日目のレポも大阪のレポもほったらかしてドームのレポです!!
忘れないうちにまずはドームを!!と思ってたんだけど、もうドームから一ヶ月くらい経ってるし、何なら大分とか若干忘れてる。





 
↓以下、ネタバレ!
 


 
 
セットリスト
~OP映像~
1.BIRTH
2.STAR RIDER
3.CHANGE UR WORLD
4.Keep the faith
5.ONE DROP
6.WHITE
7.LOCK ON
8.COSMIC CHILD
9.儚い指先
10.FINALE(Tソロ)
11.STEP BY STEP(Nソロ)
~お遊びVTR~
12.ノーマターマター
13.RUN FOR YOU
14.ONE DAY
15.PERFECT
~MC~
16.SMILE FOR YOU
~バンド紹介~
17.DANGEROUS CAT~MAKE ME WET~(tソロ)
18.ずっと(Kソロ)
19.タイトル不明(Uソロ)
20.SOLDIER
21.あの日のように
22.歩道橋
23.NEVER×OVER
24.GIVE ME,GIVE ME,GIVE ME,
25.LIPS
26.喜びの歌
27.Peacefull days
28.勇気の花
 
~アンコール~
29.Real Face
30.Chain of love
31.DIAMOND

~Wアンコール~
32.Going!
33.ハルカナ約束

 

開演前にKAT-TUNの円陣の声が聞こえた!!





・BIRTH
たっちゃんが超美形!!!!!

登場から驚く。
 
もうね、顔の造形の絢爛っぷりったらない。
ヴィクトリア・ベッカムとhydeを融合させて2で割ったら、たっちゃんになる、といった感じ。
そんな美と美のハーフ、有り得る?



こきが黒髪のパーマでプードルみたいで可愛かった~!
何か想像してたのと違うけどね!(笑)
前髪前髪言うから、どんな前髪聖たんが登場すんのかと思ったら、割と前髪どうこう、っていう次元じゃなかった。
前髪の存在感のなさ。

たまに顔が濃いから、何かジャクソン5の一員っぽく見えた。
何か、名前つけるなら「ライオネス」とか、そういう感じの人っぽい。



・STAR RIDER
・CHANGE UR WORLD
・Keep the faith
歌詞間違えちゃって、歌の途中でマイク通して「ごめ~~~ん^o^ !」と謝る田口君。
そんな素直に謝られたら全然「NO NO NO!」とか言えない。即許す。
 
 
後、私達の席がバクステ寄りのアリーナだったんだけど、この時すごい近くに田口君が来て、
キャ~!田口く~ん!!と思って見てたんだけど、



田口君、いい尻しとる。



と、12年目にしてまさかの新発見。


盲点だった。
かめにゃんの尻に気を取られ過ぎてた。
田口君も案外いい尻してたわ。

動揺して、同居人に「ねぇ…田口君いい尻してない…?」って確認したら、「うん…思った。大きくていい尻だよね…」ってレスポンス返ってきたので、田口君のお尻はこの日めでたくいい尻認定です。


で、田口君が去ったと思ったら今度はかめにゃんが来て、わ~~かめにゃん!かめにゃん!お尻元祖だ!ってはしゃいでたら、「しゃがみ込んでいる!」っていう歌詞に合わせてかめにゃんが、しゃなり、としゃがみ込んだので、「お、おぉ…さすが…」ってなりました。

しゃなり、としゃがみこんで、スッ!ってすぐ立ち上がってどっか行った。
忙しそうな人である。



・ONE DROP
この時は確かトロッコだったんだけど、メモには



田口尻祭り。


という、ダイイングメッセージとも取れる私の走り書きしか残ってないです。

この、いい尻だと気付いたそばからロックオンする貪欲さ、忘れたくないものです。


・WHITE
・LOCK ON
モニターが5分割ですごい見やすい!と思ったら、歌のリズムに合わせてビョイ~ン!ビョイ~ン!ってメンバーが画面が入れ替わるから、


余計っ!!



って怒る。
というどうでもいいレポ。


 
・COSMIC CHILD
・儚い指先

・FINALE(Tソロ)
セクスィ~レ~~~イデ~~~!!(会場中大合唱)

全然そんな合唱する歌じゃないのに、すげー皆歌っちゃうから面白いね!

後、この曲の田口君のダンスがかっこよくって、すごい真似してる。

  ┏(^o^)┓
(((   ┃
    ┏ ┓ 


↑特にここと


  (シ^o^)シ
   ( (
    > >


ここがお気に入り。

びっくりする程上手くAAで表せたと思ってる。

 
・STEP BY STEP(Nソロ) 
・お遊びVTR
・田口君のサムライ☆チャレンジ
「5秒でけん玉世界一周できるか」

始まる前に「こうで、こうで、こうで、こう~?」となかめに確認するも、やっぱりシカトされてカウント開始。
結局最後の一回だけ失敗しちゃって成功ならず。
亀「惜しくねぇ~!?今一番できそうだったのに!!」

人の勝敗にまで悔しがる負けず嫌いなカズヤ。(熱血)
 
 

・ノーマターマター
かめにゃん、髪の毛を結んでる。
ゆっち、ダテ眼鏡。

たっちとNTTに別れてトロッコに乗って外周に登場。


あ、これ本当にどうでもいいんだけど、トロッコに乗ったかめにゃんのお尻を見つめてたら(いつものこと)、
何か右の尻に黒い、筆文字っぽい字体で








って書いてあって、
え!?何その粋なワンポイント!!間違いないです!!おっしゃる通り!!と思ったら、
何のことはないただのダメージ加工だった、という、信じられない幻覚を経験したので私はもうおしまいです。

すっげぇ太い楷書体で 虜 って書いてあると思ったら、ただパンツがザキザキに破れて中の黒い生地が見えてただけだった。

驚いた。
私の目の錯覚ヤバイ。
ついにここまで来たか、という感じでヤバイ。



・RUN FOR YOU
ゆっちの尻すごいプリンプリンと書いて丸してある。

もうね、他に見るとこないのかお前。
さっきからね、情報がお尻に関することばかり。
相次ぐお尻情報。

自分のことながら反省する。

 
・ONE DAY
出だしの「もっと幸せ探したい♪だけど運命はすぐに変わらない♪」の部分を


「もっと幸せ探したい♪…だから皆、俺にぜ~んぶ、見せて?


と、謎のトンチキ替え歌をするかめにゃん。
すげー可愛い歌なのに何か無理矢理エロくした。


いや、探せよ。


何その手っ取り早く幸せ見つけようとする魂胆。
もっと頑張って。
己の足で見つけて。


この歌、Jrがすごい“いかにもジャニーズ ”って感じのシャカリキダンスを踊ってるんだけど、ゆっちがJrの隣に並んで、真似してシャカリキ踊る。
そしたらカズも真似して一緒にシャカリキ踊る。
すーっごい可愛い!!
Jrとのガタイの差!!(泣く)



・PERFECT
上田「俺の笑顔はパーフェクトーーー!」
 
 



マジ反論の余地無し。



肯定しか出来ない。


そんなスマイリストたっちゃんは、歌中ずーーーーーっと花道を全力で走ってて、本当もう駅伝レベルで走るから驚く。
サビでメインステに集まって踊るんだけど、それまでずーーっと走ってたのにも関わらず、ちっとも息を切らさずに踊るから、マジタフマン。と思った。
驚異のスタミナ。 


ゆっちはいつものように「会える~♪」の後に「会えるよね♪」、「見え~ない~♪」の後に「見えるよね♪」と合いの手。(安定の無表情)

最後、しっとり「誰も~歩いたことない道を歩こう~~♪」と歌い上げた後、
かめにゃんがいきなり、




「てへぺろっ♪」




すっげー雑にてへぺろした。
何その下手くそなてへぺろの使い方!!

てへぺろという言葉の覚え立て感すごい。


・MC
田口「マイタウンTOKYO!!」
聖「お前神奈川だからな」
田口「そうだ^o^」
そうだ^o^って(笑)

そしたら聖が「こいつよくやるんだよね~マイタウンTOKYO!って」って、
さも「俺は田口のこと分かり切ってるぜ」と言わんばかりの口ぶりで言うから、勝手にヒューヒュー!相方ヒューヒュー!って気持ちで見ていた。


更に聖はキプフェで田口君が歌詞飛んだ話を持ち出して、「お前ドジっ子ぶったって萌えねぇからな!?」って言ってた。
そもそも萌える萌えない、という視点でメンバーを見てることがおかしいことに気付いた方が良い。



上田「今日何か皆浮き足立ってますね」
聖「これは危険な浮き足立ちだぞ!」
この時、田口君がひっそりと足上げて浮き足立ちを実演してたらしいけど、特にツッコミもされずにふんわり流されていたらしいよ。
田口君の一挙手一投足に癒される。
 
 
聖「今日中丸、癖がすげぇ!」
 
湿気で確かに髪がモコモコしてるゆっち。
するとすかさずかめにゃんがゆっちにロックオン!
黙って真剣にゆっちの前髪を直し始める。
 
中丸「…まぁ、いいんじゃないか?」

いいんじゃないか、って言ってるのに、まだ真剣にゆっちの髪の毛整えてるかめにゃん。
結構しつこいぐらい真剣に整えてるカズヤ。
 
そういえばこの人毎回MCでゆっちの髪の毛真剣に整え出すよね。無言で。
何なんだろうね。
髪の毛整え人なのかな。(突然現れて髪の毛を整えることを生業としている人)
 
 
 
亀「今から20分くらい下らない話するんでトイレ行くなら今のうちですよー!」
聖「僕達のコンサート下らない時間が二回あるんですよ。こことセクシーレーイデ~の時」
田口「俺のソロ~~~(>o<)!」
亀「田口ドーン!って出たら皆ドーン!ってトイレ行くの(笑)」
 
そんなことないよ~!
田口君のソロが一番楽しいよ~!!(一緒に踊るから)
 
 
そしたらたっちゃんが、「今日田口がおまんじゅうの差し入れ買って来てくれたんだよね?」つって、すごい優しい言い方で話を変える。

今回のコンサート、ちょっと田口君イジりに拍車がかかると、大体こうやってたっちゃんが出てきてフォローみたいのすんの。
たっちゃんって本当やっさしーのな!!
天使なんじゃない!?知ってる知ってる~!!
つーか「まんじゅう」じゃなくて「おまんじゅう」って言ったことにまず萌えてる。
 

上田「田口が人生で食った中で一番美味しいって言うんだけど、食ったら別に人生で一番って程ではなくって…。それが顔に出てたんだろうね。田口が俺に、




「お前、胃の中のまんじゅう全部出せ」(低音)



って(笑)」
 
 
 
怖過ぎるわ。

そういうテンションの田口君マジ怖過ぎるわ。
絶対、例の般若みたいな顔してるわ。


田口「悔しかったの~><」


で、田口君がまんじゅう30個食う、みたいなトークしてた時に、唐突に「いや~暑いですね~」みたいなどーでもいい話でバッサリ切るゆっち。
 
上田「中丸!」
聖「今のはお前マイペース過ぎるぞ!」

すごい怒ってくる兄ちゃん達。
皆そんなに田口君のまんじゅうトーク聞きたかったんや…?


亀「このタイミングでトイレ行ったら混んでるよー!…でもどうする?MCで本当に皆トイレ行ったら」
田口「俺まんじゅう配るよ^o^♪」
聖「本当に配れよ!お前5万5千個だぞ!?」
田口「一つ10円だから~… 'o'」

計算してる!!(笑)
ていうか10円まんじゅう!?
田口君が今までの人生で一番美味しかったまんじゅうって、10円まんじゅう!?
安っ!!手頃っ!!


聖「それだけで倒産するわ!」
亀「すいません!生産が追いつきません!って(笑)」



MCの途中で、センステからメインステに移動するメンバー。
たっちゃん一人、メインステではなくバクステ方向に歩き出す。

かめにゃんが「上田、逆」ってツッコんだら、たっちゃんが振り返って「今誰がツッコんだの?」って聞く。
え?そこ気になった?(笑)

そしたらかめにゃん、ス…ッと挙手。
何かいちいちかっこいいから笑う。


上田「カメかぁ~」
聖「ごめん、俺気付かなくて。ごめん、俺気付けなかったわ…」
 
ブツブツ二回くらい言ってた。
そんな自責の念…!? 
ツッコミとしての責任感じ過ぎじゃない!?



花道を歩きながら、唐突にたっちゃんが「きーてきーて!ペットポロレロレロ!」つって、ペットボトルという単語を言おうとして噛む。

何今の?
何らかの魔法の呪文?

あまりにも豪快に噛んだので、メンバーにもヲタにも笑われるたっちゃん。
したら、照れながら右手挙げて、「右手挙げたら『ちょっとお黙りなさい』という合図です」とか言う。

それさ、確かデビュー前後くらいに決めたルールじゃなかった?
怒ったら右手挙手するから皆黙らなきゃいけない、っていう。
いまだにそのルール通用してんの?カツン。
えーーーチョー可愛いな!!
 
そして結局ペットボトルの話はしないまま流れる。
何だったの?気になる。



上田「CHAINってタイトル、珍しく永沢君がつけたんだよね!」(田口君のことです)
聖「髪型だけで永沢君って言うな!当時、永沢君ね!」
田口「玉ねぎみたいだった^o^」

えー!自分で理解しちゃってた!?
だったらもっと考えてよ!!
グッズ全部玉ねぎだよ!?どうしてくれんの!?


上田「玉ねぎっていうからっきょみたいだった!」
聖「しまらっきょみたいだった!」


何でか客席がシーンとなって、「シーンとなったね…」みたいなカツン。
したらゆっちが「静まり返ったところでどうでもいい話していいですか?」とか言い出して、
一体何を話すのかと思ったら「東京ドームって、見た目ふんわりしてるじゃないですか?だけど、0.3%圧高いって知ってましたか?」とかいう、すげぇ、「……で?」としか返せないようなことを言い出して、
聖も「……え、今更?」と戸惑ったようにツッコミ。

静まり返っていたドームの空気が、またちょっとおかしくなる。
見かねたかめにゃんが、マスオさん風に大げさに驚いてあげる。


中丸「いや、皆知ってたかもしれないけど、0.3%までは知らなかったでしょ」
聖「そこまでは別にいいわ!」
亀「えっ!?0.3%も!?マジすげ~!!」

かめにゃんはゆっちに弱味でも握られているのだろうか。

田口「そんなん言ったら俺裸眼0.3だぜ~^o^?」
上田「俺も!」
上田口「イッエ~~イ!」
つって、ハイタッチ!!
え~何のハイタッチ!?可愛過ぎる!!


中丸「俺両目1.5だしー」
聖「どうでもいい!」
中丸「ちなみにこの眼鏡、度、入ってませーん」
田口「度~でもいい^o^!」
聖「お前ら一回落ち着け、深呼吸しよう!浮き足立ってるぞ!」

聖「田口ドーム調子悪いね」
田口「ね~京セラも滑ったし。スベった回数数えてほしいわ~」
聖「スベった回数だとキリないから」

そしたらたっちゃんが「よし!じゃあ俺の話しよ~^O^!!」と名乗りをあげる。
しかし、自分からは特に何も話さず、質問待ちのたっちゃん。
 
聖「何か言えよ!!」
亀「今日、上田、髪の毛立ってるね」
上田「………」
聖「え?無言!?」
亀「触れちゃいけなかった!?(笑)」

慌てるコキカメ。
京セラ以来すごいたっちゃんのコンプ気にしてて可愛い(笑)
ふてくされるからね、うっかり地雷踏むと(笑)


中丸「そういえば聖髪型変えたな。どしたの?」
聖「何で『どうしたの?』って聞くの?失恋したって言わせたいの!?してませんよ!?」
田口「俺なんて変え過ぎてもう何も言われな~い^o^」
中丸「お前ブレてるな~」
田口「ね~!ブレインバスターくらいブレてるね^o^」
えっ?みたいな空気(笑)
 

亀「…皆さん、あの本当に田口君キツいと思ったら、帰る時に署名してって下さいね~。それ集めて事務所に提出するんで」
ちょっとカズヤが面白い。(奇跡)

会場が\ドッ!!/ってなってたら、たっちゃんが前に出て来て、

「まぁね、こうして皆ふざけておりますけれどもね、えー、6周年。」
唐突にシリアスに語り出す。
聖「何急に!?!?(笑)」



リーガルハイの話。
聖「俺見たよ!マジで面白かった」
亀「俺も見た!」
上田「俺も見た~!」
カツン内の視聴率バカ高い。
嬉しそうな田口君。よかったね!

亀「俺なんて帰りの車で見て、家着いた瞬間急いで家入ってテレビつけたもん!」
必死過ぎ(笑)

亀「面白かった!…あれ?田口出てた?」
田口「出てたよ~><!」
何役?と聞かれて「チンピラ役です」と答える。

亀「チンピラ?キンピラ?キンピラってこと?」
田口「うん。ごぼー^o^」
田口君にトイざらすのおもちゃ山ほど買ってあげたい。


ポスター抽選。
ポスターが全体的に黒いから皆白ペンでサイン書いてるのに、たっちゃんだけ毎回白ペンじゃないからサインが見づらい。

亀「何で上田はここで反抗期出すの?28歳の反抗こんなとこで出すなよ!」
「しょうがねーよなランナウェイだから」
何そのツッコミ?
頭ん中ハテナマークだけど。
もはやただたっちゃんに甘いだけの聖。



ここでまたポスターを使ったモノボケ合戦開始。

上田「眉毛!」(ポスターを眉に当てて)
聖「眉毛じゃねーよ!」
亀「魔力落ちたかな~」(ポスターに跨る)
聖「飛ばねーよ!」
上田「テ~テレテッテ~♪」(パワプロのBGMでバッティングの構え)
聖「うるせえよ!」
田口「めーーーん!」(剣道)
聖「うるせえよ!」
中丸「ヘイお待ち!」(巻寿司)
聖「出てきてねえよ!」
亀「最近視界が悪いんだよな~」(ポスター鼻にあてて)
聖「そんだけ鼻伸びてたらな!?」
上田「せきず~い外す~♪」(積水ハイムの歌で)
聖「外すな!!」
田口「モザイク」(ポスター目に当てて)
聖「モザイクじゃねえよ!」
亀「今年はどっちの方向に…」(ポスターを口にあてて)
聖「恵方巻じゃねえよ!」
中丸「卒業おめでとう!」
聖「ありがとうございます、じゃねえよ!」

聖がツッコんだ拍子にポスターがステージから落下。


聖「ごめん、今強くツッコみ過ぎた(笑)」
ここからリズムが狂い始めるカツン。

ポスター拾ったたっちゃん。
後ろのモニターとポスターを交互に見ながらタイミングを窺う。

聖「お前カメラ来るタイミング見計らうなよ!」

迷った挙句、
上田「……ぞ~うさん(笑)」(ポスターを股間にあてて)
聖「それだけはやめようねって言っただろ!ドームで下ネタはやめようって!!」
上田「ウッキーウッキー♪」(ポスターを尻にあてて猿の真似)
「似合っちゃってるし!」←何だこのツッコミ(笑)

ポスター持って真剣に考えてる亀。
「ぞうさんナシって言われたらもう何も浮かばない!!」
カツンって本当にでかい小学生だな!

中丸「せきず~い外す~♪」(積水ハイムの歌で)
聖「人のだろ!パクんなよ!」

ポスターを持ってボケようとして固まる上田。
上田「………」
聖「……間がなげーよ!!」
中丸「東京ドーム下品なのやめようって言うからさ~」
聖「このバカはやったけどな!」つって、たっちゃんを指す。
上田「バカバカ言うなよぉ…」
聖「え、ごめんごめん。そんな素で凹む?(笑)」
完全にたっちゃんに甘い聖。
優しさチャンピオン!


まだポスター片手に真剣に考えてる亀。
聖「あの、亀梨君もう…」
「諦めない気持ちを大事にしたいんです!!」
すごい熱意(笑)


中丸「中国の昔の偉い人」(ポスター顎にあてて)
聖「仙人!?」
亀「久しぶりだな…」(同じく仙人)
聖「お前も!?」
中丸「ギャーッ!」(ポスター二本使って頭貫通の真似)
聖「よくわかんねぇよ!」
上田「おぉぉ…」(ポスターを杖にしてヨボヨボ歩き)
聖「老人じゃねーよ!」
亀「爺さ~ん」(ヨボヨボ歩き)
聖「お前も爺さんかよ!」
中丸「婆さん飯はまだか~」(ヨボヨボ歩き)
亀「まだか~」(ヨボヨボ歩き)
聖「さっき食べたでしょ!」
中丸「ワシの脊髄はどこじゃ~?」
亀「よいしょ…」(背中から脊髄(ポスター)を取り出す)
聖「脊髄外さないで!?」

上田、前に出てきて「夢中で~が~んばる君へ~エルボー!」(エルボーする真似)
亀「人のネタ堂々とやるな!(笑)」
↑本日のお前が言うな大賞。


モノボケの出が悪いカツン。

「もう僕ちゃん達大丈夫ですか?」

僕ちゃん達って言っちゃった。
絶対カツンに萌えてる、この人。
母性溢れ過ぎてる。


田口「大丈夫~^o^」
聖「お前一個しか言ってねえだろ!」
田口「もう打ち止め~^o^」
中丸「上手く出来たゴボウ!」(ポスター持って)
田口「キンピラにするの^o^?」

田口君にお年玉めいっぱい奮発してあげたい。


白と黒の抽選BOXを見て、ゆっちが「何で白と黒に分かれてるんですか?」と質問。

田口「白黒つけよーぜ!」
聖「上手いこと言ってんじゃねえよ!」
上田「CHECK THE SOLIO!」
亀「格別の白か、別格の黒か…」(CMの真似)
田口「格別の黒か、ベッカムか…」
聖「ねぇ、黙っててもらっていい?」
中丸「でもベッカムってイングランド代表の人だよな?」
聖「いや、ベッカムくらい知ってるから!」
上田「ベッカムの真似しま~す^O^!!」

わざわざ前に出て来て、普通にボール蹴る真似するたっちゃん。
もう適当過ぎてベッカムでも何でもないただのワンパクBOY(笑)

もうこの瞬間、ドーム中がただただたっちゃんに萌えてた。


BOXからチケを引いてポスター当選者の座席番号を読み上げる。
まずはたっちゃんの番。
 
上田「…卒業!」
聖「答辞じゃねえから!答辞だとしたら、(チケの)スペース的に “卒業”くらいしか書けてないから!」
亀「校長先生!ちょっと黙ってて下さい!」
聖「え、俺?」
亀「確かに彼は不良な時もありました…。でもこれが、彼の…最後の答辞なんですから…」
聖「え?ごくせん…?何か俺、悪者みたいになってるけど…??」

カズヤが面白いんだけど…。(奇跡の連続)


上田「…発表します」
聖「……お前何もないんだろ!?」
たっちゃん、テヘヘッて笑う。
きゃーわいい!

亀「俺らがここで喋るたびに上田のハードルが上がる(笑)」


「41ゲート!」ってやっと座席番号を読み上げるも、客席の歓声が小さくて不満顔。
上田「声小さいからやめよ」
BOXでチケを差し替える。
メンバーもファンも「え?え~!?」みたいになる。
再び読み上げるたっちゃん。

上田「…41ゲート~」
「優しい!ツンデレ見せちゃった!」
↑また萌えた。


上田「12通路~!」
\キャ~~~!/
中丸「まだ当たってないですよ~」
聖「いいよ別に!盛り上がってんだよ!」

声が小さいと怒り、声が大きいと注意してくる。
理不尽なグループです。



田口君の番。
何かボケようと考えるも、「………何も思い浮かばなかった」と溜息。
聖「田口田口、思い浮かんだところで、だから大丈夫」

この田口田口、の言い方が甘過ぎてまさに砂糖菓子ボイス。


田口「20ゲート~!」
読み上げてる最中にいたずらっ子たっちゃんがポスターで田口の目を隠してプライバシー保護。
田口「最初は~遊びだったんですけど~!ってオーイ^o^」
聖「田口ツッコミ下手だな!!」


田口君、席番号を読み上げたと思ったら超イケメンに「結婚しよう」 ってプロポーズ。

ギャアアアアアアアアアアアいいなああああああああああああ!!!!!
田口君にプロポーズされるなんて一生の自慢だね!
この世でいまだに石原さとみとこの人くらいしか存在しないんじゃないの!?プロポーズされた人!(花パパ)


そしたらメンバーがすげー寄って来て、
亀「結婚してもいいけどまんじゅう作ることになるぞ!」
聖「お前絶対結婚しろよ!後で受け取って下さいね~婚約指輪!」
聖「後で田口君のサイン入り婚姻届が届きますから」

とか矢継ぎ早に攻撃。

田口「やめてよ~><」

自分からしたくせに、やめてよ~ってのもひどい話だ(笑)


ゆっちの番。
チケットのC4ブロックまで読み上げて、後は席番号と言うところで、「……続きはwebで」と言う。
聖「めんどくさいんで今読み上げてもらっていいですか?」


かめにゃんの番。
席番号を読み上げると見せかけて、「……サチコへ…」と、感情たっぷりに読み上げるかめにゃん。

聖「サチコって誰!?」
そしたらたっちゃんが前に出てきて、「サチコ、僕は元気です」と乗っかる。

聖「お前何で入ってくんだよ!?」
田口「すぐ入ってくる~!」
聖「三角関係なの!?ややこしいよ!」

そしたら田口君、


「サチコは幸せだなぁ~^o^」


何その感想!!?
サチコに感情移入しちゃった!?
どんだけpureボーイ!!

 
 
亀「つーか今俺ボケたのに、皆『え?サチコって誰…?何言い出すんだこいつ…!?』ってキョロキョロしちゃってたんだけど(笑)」


そしたらかめにゃんが、突然「普通の男の子に戻りたいっ!!」って、大声で宣言して、ステージにマイク置いてハケてった。
もう何なのこの人(笑)

聖「ハケんな!」
聖がかめにゃんを止めてる後ろで、履いてたブーツを脱いで、ステージにそっと置くたっちゃん。
聖「これローラースケートじゃないから!!お前この事務所でそれはやめろよ!(笑)」
亀「俺も百恵ちゃんとキャンディーズが混ざって、マイク置いてっちゃった(笑)」

あぁ…KAT-TUNって昭和生まれだなぁ…と思ってすごく愛しくなる(笑)
いちいちボケが古いよね。
絶対意味わかんない人いたと思う(笑)


ようやくちゃんと席番号を読み上げるかめにゃん。
「50~…?」と、焦らしながら読み上げてたら、いきなりたっちゃんが、
「ちょっと待って!!……本当に、いいの…?」とドラマティックに止めに入る。

聖「……え?何?止めんなよ!」
したらかめにゃんが「こーきっ!」って聖に駆け寄って手で制して、「俺が、いけないんだ…」とシリアスに呟く。

聖「……え、何!?重いよ何か!早く読んで下さい!!」

そこに田口君が「ごめんなぁ~」とシリアスコントに乱入。

亀「お前入ってくんなよ!!」
田口「え~~~!!何でだよ~><」
中丸「入ってくんなよ!」
田口「(中丸も)入ってなかったじゃん><!」
亀「今ドリボの再現してたんだから!」
聖「ドリボ上田も出てねーよ!そしたら田口が仲間外れになっちゃうだろ!」←優しさ戦士
亀「嘘だよ淳君…。オレンジのパンツ決まってるぜ♡(笑)」

よく分からないかめにゃんのフォロー。


聖の番。
席番号読み上げる時に、ついに聖まで「サチコ…」と読む。
すかさず飛んでくるかめにゃん。

亀「お前いつサチコと会った!!」
聖「…あれは、俺が17の頃だった…」
亀「17…ちょうど俺が野球をやってた頃か…。サチコより野球だった頃だな…」

やたら演技派な二人のサチコント。

田口「カズヤ~」
そんなサチコントにまた入ってくる田口君。

亀「入ってくんなよ!今聖とたったひとつの恋再現してんだよ!」
上田「お前空気読めよ!俺だって入りたかったのに我慢したんだからな!」
入れよ(笑)
むしろ止めろよ誰か(笑)


今度はちゃんとふざけないで席番号を読んでいたら、いたずらっ子たっちゃんがポスターで聖の頭を「めーーん!」って叩く。

聖「上田、いい加減にしろ(笑)…俺何で今メーンされたんだろ…?」

そしたらかめにゃんが、


「スキあり、だったんじゃない?」


何でそんなかっこよく言う(笑)?

で、コントの下りやらが長過ぎて、ポスター抽選の席を読み上げても歓声も上がらず。

亀「ほら、皆キャー言うタイミング見損なってるよ。…見損なってる?見失ってるか(笑)私昨日キタバカリダヨ~」
聖「シカタナイネ~」
こきかめしばらくカタコトで会話。


ポスター抽選もラスト1本。
 
20ゲートスタンドの5通路を引く聖。
5通路の人達、ペンラを振って、ここだよ~とアピール。
照明さんが気を利かせて照明落として5通路のみがペンラを点けてる状態。


聖「5通路太っ!!」
亀「Hey!5通路ー!!」
5通路\イェーイ!/
亀「パーフェクマイフレン パーフェクヨーsay!!」
5通路\焦らず並んで歩いて行こう~♪/
聖「声出てねーぞ5通路ー!」
5通路\イェーイ!/
亀「盛り上がってるか5通路ー!」
5通路\イェーイ!/

まさかの5通路コン開始。
健気に声出す5通路と、空気を読んで大人しく見守る5通路以外。
この一体感半端なかった!!

聖「こんなに5通路がフューチャーされたの俺らのコンサートが初めてでしょ(笑)」


で、ここで田口君が何か言ったのかな~。
よく分かんないけど、かめにゃんが田口君を「お前もっと真ん中に来い」みたいなこと言って、センターに誘導する。


田口「俺いっつも聖に被ってるからな~」

って反省したかと思ったら、いきなりジャケットを郷ひろみみたいにはだけて、


「でも、存在感なら、あるぜ!」


と満面の笑顔で言う。

あまりにも唐突過ぎて、会場も「え…?」みたいな空気(笑)


田口君の肩に手を置いてもたれてたかめにゃんも、顔を強張らせて「俺、火傷したくない…」と言いながら離れる。
大丈夫、あなたいつも自ら火傷してる。

上田「俺入れなかった…」
聖「上田、入っても火傷するだけだよ」

今のどこに入ろうとしたんだ。


皆が徐々に着替えに行く中、田口君が「忘れてた!」つって、タグチューンラジオの宣伝をする。
そしたら着替えを終えたたっちゃんが「ブーンブンブーーーン!」って言いながら車運転する真似しながら出てくる。
田口「CHECK THE KAT-TUN!」
 
も~この二人の小学生っぽさマジ大事にしたい。
カツンの宝。


抽選BOXを片付ける田口君。
台車がちょっと壊れてたのかグラついてたのか、田口君が片付けながら「こいつも一緒にツアー回ってるから、完全にガタが来たな~」と言う。
 
聖「こいつも、ってか、他にガタ来てないからね別に」
冷静なツッコミ。
田口「完全ガーターだね☆」
聖「……」


着替えも終えて、抽選BOXも片付けて、「さあ次の曲!」ってなるところで、
いきなり、別に冒頭以降、特に誰も触れてなかったのに、
「そんなに今日の頭、変?」と自分の頭触りながら言い出すゆっち。

中丸「ちゃんとセットしたんだけど…」

えーーーーーもしかしてずっと気にしてた!?
癖すげえ、って言ってから結構な時間経過してたのに!
結構色んなトークやモノボケを挟んだ後で、蒸し返す!?
「癖すげぇ!」と発言した聖も責任を感じたのか、ゆっちの前髪をせっせと整えてあげる。
いつも誰かに整えられる。
この人の髪の毛マジバリアフリー。(ただし、メンバーに限る)

そしたらかめにゃんが真っ直ぐゆっちを見つめて、
 


「大丈夫中丸。かっこいい」


って凛とした感じで言う。


いや、間違いないけど。
かっこいいに違いないけど、そんな凛とした感じで言う?(笑)



・SMILE FOR YOU
・バンド紹介~ボイパ
バンドの人達紹介。


「音もいいけど、この腕もいいよね!」
「渋い音かっこいいな~!」
「多分、自分の部屋もおしゃれなはず!」
「実は指が20本あります」
「今日はいつもと違う曲を弾いてみました」


最後のギターの人がせっかくGOLDを弾いてくれたのに、ゆっちはどうやら気付かなかったようで、メンバーに責められる。


中丸「や、気付いてたし」


で、客席を煽る時に、かめにゃんが、 「もっと!5通路!」ってまだ5通路引きずってた。


ゆっちのボイパ。

中丸「声援で迷った時は、して下さい」
怒られちゃった(笑)


ハーモニカを鼻で吹いて、口でボイパするという超人技を披露~。
かっこいいね!
鼻の部分すげー手で隠すのね!!
恥じらい!!



・DANGEROUS CAT~MAKE ME WET~(tソロ)
スライディングしながらのミャ~オ☆


・ずっと(Kソロ)
ドームで見ると光の演出が凄く綺麗で、いや~さすがに広い会場だと圧巻だな~…って見惚れてたら、
いきなりパンッ!!って音が鳴ったかと思いきや、




天井から花火がザ~~~…って降ってきた。




えっ?花火!?


えっ???









ってちょっとかなり動揺したんですけど、かめにゃんが何も言わんと花火を神妙な顔で見つめてるので、やむなし私達ファンも、ただ静かに見守るしかない。


そして花火もね、結構長いこと降り注いでね、その間、無言。

ただただ無言。

静かにザ~~~~~~~…っていう音を聞く、5万5千人の集団。(しかも暗闇)



そんでついに宴もたけなわ、花火もシュシュシュ~……と音を立てて、力尽きて消える。


それをしかと見届けたかめにゃん、




「……とめ~~ど~~なく~~♪」





えっ!?




ちょ、ごめん、今の、何!?


何らかの説明、求ム!!

ただただ、ザ~~~~~……という音を聴くだけのあの時間何だった!?
割と長めの、花火見てた今の時間の沈黙に一切の説明もなく歌いだしちゃったけど!?
放心状態のうちらどうしたらいい!?






とか思って狼狽えてたら、いきなり宙を舞って消えてった。







完全に私達置いてけぼり。


何かもう、ちょっとした事故。


 

・タイトル不明(Uソロ)
京セラと同じくRun away?Red light?タイトルわかんないけど、手錠ソロ!!
それまでバリバリ髪の毛を立ててたたっちゃん、フードを取ったら髪の毛を全部下ろしてて、



マジ、美。



美の化身。
何かもう美し過ぎてちょっと泣いたもんね。


もうね、どれくらいたっちゃんが綺麗だったかと言うと、私ポツリと「上田担になるかもしれん…」って呟いたくらいのビューティフルモンスターでした。
担当とかいません、で貫き通してきたヲタ生活にピリオド打つところだった。
顔面真っ青に塗って、ブルーマン状態でコンサ行きかねなかった。

いや~本当綺麗だった…。
思い出して暫くは酔いしれるわ。



・SOLDIER
5箇所に別れてクレーン。
田中丸がクレーンが近付いた時の手を振り合っていた!



・あの日のように
バクステで歌ってたでんでんが、大サビで花道を歩き出すんだけど、二人が寄り添ってにこにこ微笑みながら歩くので、も~本当に永遠ていう言葉なんて知らなかったよね!!!!!!!


・歩道橋
・NEVER×OVER
田口君、自分の紹介ラップの時に「右ひじ左ひじ交互に見て♪」を、聖は「ライ♪ラララライ♪」、ゆっちはローラの真似をする。
地方ツアーの後半では紹介ラップの時にメンバー全員が悪ノリしてR18的な、加藤鷹的な動きをしてた、と聞いていたんだけど、やっぱりドームではダメだったようで、とっても健全な紹介ラップとなっていました。



チックッショーーーーー!!



お面ダンスでダンサーさんにお面をつけてもらう時にかめにゃんがキムタク風変顔をする。



・GIVE ME,GIVE ME,GIVE ME,
・LIPS
ムービングで移動のかめにゃんに田口君と聖が走ってハイタッチする流れがもう~可愛過ぎて



100点満点。



と真顔で花丸出すおばさん。(俺)




・喜びの歌
目の前の花道にかめにゃんが来て、「キャ~!かめにゃん!!」とテンション上がってたら、同居人が「アクン…」って言うから、何事かと思ったらかめにゃんの対角線上にアクンがいて笑った。

同居人曰く「カズ見ようとしたら濃いから視界に入った…」とのこと。
関係者席に何人か来てたけど、顔の判別つくのアクンのみだった。Real face…。

かめにゃんは「愛してる~♪」のとこで「ベムです……」って言ってた。



・Peacefull days
・勇気の花
・挨拶

K
皆さん本当に今日はありがとうございました。
えー、2年振りですけど、本当に一昨年はライブが延期になってしまって、
これだけ沢山の人に寂しい想いをさせてしまったんですけど、
今年早い段階でコンサートが出来て、こんなに楽しい時が過ごせて、それってすごく意味のあることだと思うし、
今日皆と出会えたのも、偶然ではなく、必然な気がします。
皆からもらった笑顔、パワー、勇気、それら全部、最終地の仙台に責任持って繋げていきたいと思いますので、
皆も明日からしっかり僕達と繋がってることを意識して、
笑顔で明るく、周りの人にも笑顔を与えられるように過ごして下さい。
今日は本当に楽しかったです。




T
今日は本当にありがとうございました。
めっちゃ楽しかったぞ~!!
こっちから、ステージから見る風景は本当にすごくて、
こんなに沢山の人が見に来てくれてるんだ~って感激、感動です。
ライブって皆が一つになってるって感じられる、まさにCHAINだなって思います。
皆も帰って、知り合いとかにどんどん繋げて行って、日本全体が明るくなるといいなと思います。
僕らも皆にパワーを与えられるように頑張りました。
なのにね、逆に皆からパワーをもらっちゃって。
またこういう機会があったらずっとずっと僕達KAT-TUNを応援し続けて下さい。
今日はありがとう!




U
皆さん本当に今日はありがとうございました。
去年はライブというものが延期になって寂しい思いをさせてしまいましたが、
僕達も同じくすごい寂しい思いをして、日にちが近付くにつれ、
本当は今頃皆と叫んだりできるのにな、と寂しく思っていました。
今日、東京ドームという大きい会場でコンサートが出来て、皆と笑ったり、叫んだりすることが出来て、
改めて僕達にとってファンの皆が大事な存在で、
ライブが嬉しいこと、楽しいこと、元気になるものだと知りました。
今度は僕達が皆さんに返せるように頑張りますので、こういう機会があったら、どうか僕達に時間を下さい。




N
皆さん今日は本当にありがとうございました。
ツアーもね、色々全国回ってきて、それぞれ最高の場所だったんですけど、
やっぱり東京っていうのは、ホーム感があって、あったかい気持ちでライブが出来ました。
このツアー中に僕達も6周年を迎えまして、
(拍手が沸き起こる)
…センキュー。
ツアーも中止になって、2年振りにやらせてもらいましたけど、
7年目もね、また、KAT-TUNっていいグループだな、って思ってもらえるように活動を頑張っていくので、
ツアーも1年に1回はやりたいと思ってるので、また来年、ここ東京ドームで会いましょう。



 

t
楽しかった人~?
\はーーーい!/
そうかいそうかい。
皆の笑顔が俺らの笑顔になるし、皆の元気が俺らの元気になる。
2年も待たせて、ごめんね。
デビューして6年、結成して11年、すごい沢山色んなことあったけど、
俺らがバカなことできるのも、笑顔で受け入れてくれる皆のおかげです。
今年から来年のライブも笑顔や元気を繋げられるように、ずっと僕達についてきて下さい。




皆すごいしんみりとした表情で、大真面目に語ってたんですけどね、一つだけ言わせて。
かめにゃんの挨拶ね、「今日皆と出会えたのも、偶然ではなく、必然な気がします」って言ってたんだけどね、





必然だろ。







結構ね、こっちは会うことを前提にチケット取ってる節があるから、その為に6500円振り込んじゃってるから、
もうね、そこまでしてるのに会えるかな~?会えないかな~?みたいな、イチかバチか感は困る。

そちらのスケジュールに合わせて東京ドームに定刻通り来てるよ、とお伝えしたい。

偶然会えた人は、多分この会場に一人もいませんよ。
全員必然性を持って会いに来てるよ、あなたに。
 
 
 

・Real Face
京セラと同じく、でっかい気球に乗ってるカツン。
全員ライブTシャツで、こきは眼鏡姿。



・chain of love
聖「田口の気球空気抜けてるぞ!」
田口「うそ~~~>o<!?」
聖「落ちるぞ~~~!?」
田口「や~め~て~>o<!」
上田「落ちるぞ~~~!?」
田口「落~ち~る~>o<!」

何かもう田口君の養育費払いたいレベル。



・DIAMOND
カズが歌い出しをトチる。

そんで、何かすげーバカでかい鎖の風船みたいのが外周に登場したと思ったら、歌の途中でそれがふわ~~~って浮いて、5人の気球に繋がった!!

鎖でけぇ!!(笑)


歌い終わって皆でバイバ~イ!ありがとう~!って言ってる時、ひたすら「さよ~なら~~~~~o~」を連発するたっちゃん。


皆がハケて、ゆっちが最後に残って、「いいか?今日来てる親子席の子供達。15年後、中丸君がいいと絶対に言うんだぞ?」と言ってからハケる。

そしたらたっちゃんが反対側から出てきて、「俺は帰らんぞ!!」ってステージにあぐらかく。
聖が「帰りますよ~」って言って、首根っこ掴んでズルズル引っ張ってた。


 
・Going!
Wアンコ。

聖「ねぇ何で帰んね~の!?」
中丸「皆さんの大きなマンホールを聞いて、出てきました」
聖「アンコールな」
田口「皆がアルコールアルコール言うから~^o^」
聖「アンコールな」


「じゃあちょっとだけやらせて?」って聖が可愛く言って、バンドの人達を呼ぶ。
田口「板東さ~ん^o^」
上田「じゃあバンドの人達が来るまで、僕が一曲…」
聖「いや、いいよ!何で上田のソロから始めるんだよ!?」

上田口の無邪気さ!



・ハルカナ約束
ゆっちの尻触るカズヤ、という密告のようなメモが書いてありますけど、カズヤがゆっちの尻を触ることなど恒例行事に近いのでさして驚きもせん。

歌い終わって、皆メインステに戻ってくる。


聖「楽しかったわ~今日!」
田口「また来てくれたらまんじゅうあげるから^o^」


田口「I'm fine thank you, まんじゅう?^o^」


聖「それちょっと面白い!それ面白いな!!」


田口君のボケにツッコむだけじゃなく、時には駄目出し、時には褒めてあげ、何かもうすっかり田口君のお兄ちゃんな聖。


皆、メインステに戻ってきて、「バイバ~イ!」ってハケていってるのに、かめにゃんだけ一人まだ花道外周にいて、
「ちょっとあんた達…、ハケるの早いんじゃない…?」って、すげーバテた様子でメインステに戻ってきてて笑った。
この人いつもバテてるな、後半。
スポンサーサイト

  • タグ:KAT-TUN ライブ レポ
  • コメントの投稿はこちらから ♥

    COMMENT-FORM

    SECRET

    トラックバックはこちらから ♥

    TRACKBACK

    この記事のトラックバックアドレス

    →この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    毛

    Author:毛
    アイドルにキャーキャー言う。

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    カテゴリ

    過去ログ

    2016年 11月 【1件】
    2016年 09月 【1件】
    2016年 08月 【9件】
    2016年 06月 【1件】
    2016年 05月 【1件】
    2016年 03月 【1件】
    2016年 01月 【3件】
    2015年 12月 【1件】
    2015年 11月 【2件】
    2015年 09月 【1件】
    2015年 03月 【1件】
    2015年 01月 【1件】
    2014年 12月 【2件】
    2014年 11月 【7件】
    2014年 10月 【5件】
    2014年 09月 【9件】
    2014年 08月 【4件】
    2014年 07月 【29件】
    2014年 06月 【1件】
    2014年 05月 【1件】
    2014年 04月 【13件】
    2014年 03月 【14件】
    2014年 02月 【7件】
    2014年 01月 【1件】
    2013年 12月 【1件】
    2013年 11月 【5件】
    2013年 10月 【13件】
    2013年 09月 【26件】
    2013年 08月 【27件】
    2013年 07月 【16件】
    2013年 06月 【8件】
    2013年 05月 【19件】
    2013年 04月 【8件】
    2013年 03月 【15件】
    2013年 02月 【13件】
    2013年 01月 【2件】
    2012年 09月 【2件】
    2012年 08月 【6件】
    2012年 07月 【1件】
    2012年 06月 【3件】
    2012年 04月 【3件】
    2012年 03月 【4件】
    2012年 02月 【3件】
    2012年 01月 【5件】
    2011年 12月 【2件】
    2011年 11月 【2件】
    2011年 10月 【1件】
    2011年 09月 【4件】
    2011年 08月 【9件】
    2011年 07月 【10件】
    2011年 06月 【12件】
    2011年 05月 【10件】
    2011年 04月 【16件】
    2011年 03月 【1件】
    2011年 02月 【6件】
    2011年 01月 【6件】
    2010年 10月 【5件】
    2010年 09月 【9件】
    2010年 08月 【17件】
    2009年 11月 【1件】
    2009年 08月 【6件】
    2009年 07月 【3件】
    2009年 06月 【8件】
    2009年 05月 【17件】
    2009年 04月 【12件】
    2009年 03月 【13件】
    2009年 02月 【6件】
    2009年 01月 【6件】
    2008年 12月 【3件】
    2008年 11月 【4件】
    2008年 10月 【1件】
    2008年 09月 【6件】
    2008年 08月 【10件】
    2008年 07月 【11件】
    2008年 06月 【8件】
    2008年 05月 【9件】
    2008年 04月 【6件】
    2008年 03月 【6件】
    2008年 02月 【7件】
    2008年 01月 【8件】
    2007年 12月 【8件】
    2007年 11月 【16件】
    2007年 10月 【6件】
    2007年 08月 【1件】
    2007年 06月 【2件】
    2007年 04月 【2件】
    2007年 02月 【1件】
    2006年 12月 【1件】
    2006年 09月 【2件】
    2006年 08月 【18件】
    2006年 07月 【8件】
    2006年 06月 【1件】
    2006年 05月 【2件】
    2005年 05月 【2件】
    2003年 08月 【1件】

    最新記事

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。