尻上がり


« 06.2017123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天然』で思いつくジャニーズといえば?とびっきりの天然エピソードもお聞かせください


天然と言えば思い浮かぶのはまず相葉さんと智の天然コンビですが、二人は確かに天然ではあれど、空気読めるし頭の回転も早いので救いがあると思うんです。

厄介なのが、自分を天然と分かってない、空気の読めないタイプの本物の天然です。


そう、かめにゃんこと亀梨和也君です。



彼は自分で自分のことを天然なんて思ってない、何ならツッコミタイプだと思ってるし、
傍から見たらトンチンカンな事も本人は至って大真面目なので、周りもツッコめず、結果大事故を引き起こす、非常にデンジャラスな天然ちゃんなんです。
真面目の天然って、本当手に負えない。


個性ひしめくジャニーズの中でも、かめにゃんはもしかすると最もカオスな存在なのではないかと思っております。
そういうところが大好きで、知るたびに愛しくなっていく、そんなかめにゃんの、特に心に残る大好きな天然エピソードを列挙したいと思います。
Twitterやブログで何度も語ってるので、ほとんどが重複しておりますがご容赦下さい。


横アリコンで盛り上げる為にコール&レスポンスをすることになったかめにゃん。
自分のことを「MCカメ」と名乗り、「say中華!」「sayレンガ!」「sayベイブリーッジ!」など、超難易度のsay横浜バージョンをヲタに叫ばせる。



メンバーの上田君のことを間違えて「お母さん」って呼んじゃって照れちゃう。



忙しくて美容院に行けずに頭がプリンになっただけで絶望的に凹む。



スーパーでカボチャを買ってビニール袋に入れている時にファンに「亀梨君ですか?」と声をかけられ、「カボチャを買ってるところをファンに見られた…。もうスーパー行けない…」と心が折れる。



恐怖のハクション大魔王
ハクション大魔王はギザギザの歯で人を食べちゃう。丸呑みで。くしゃみした拍子に口から人が飛び出す。東京タワーよりでかい。
という設定らしい。かめにゃんの中でハクション大魔王は。



ゆっちのウェブ日記の挨拶、「にょきにょき」に対抗して、「ムュキュ!ムュキュ!」と挨拶。
読めない。


ご飯を食べる時にテンション上がると、
「お肉が~僕を待ってる~♪」
「野菜達に囲ま~れて♪」
「ニジマス♪ニジマス♪マツタケ♪マツタケ♪ニジマスのしっぽ♪中丸のしっぽ♪」
というキテレツな歌を作詞作曲する。




かめにゃん考案のKAT-TUN用語。ファンの皆使ってね☆
【イカ】=自分の大好物にちなみ、食べ物が美味しい、という意味。
例「このケーキ、超イカ!!」と使うらしい。ややこしい。


【テンテン】=疑問に思うこと。理解不能な人のことを指す。(??的な意味)
例「このうどん、イカテンテン?」と使う。(ちなみにこの場合のイカは、前述の亀梨用語を参照)
この状況ではお前が世界で一番テンテンである。



何故か「俺は流行る前からチェックしてたもん!」とムキになって古参を主張する程おしりかじり虫が大好きなかめにゃん。
番組のジェスチャークイズにて、おしりかじり虫のお題が出されるも、回答席のかめにゃんが答えた回答は「おしりザル!!」
え、何それ。謎。

結局タイムオーバーになり、正解発表。
正解がおしりかじり虫だと知った途端、答えられなかった悔しさのあまり、「おしりかじり虫だーーーーー!!!」と、絶叫&マイクが飛び出る程の大ジャンプ。



はなまるマーケットのゲストで、VTRでゲスト出演した聖君、ゆっちの二人に別に得意じゃないのに「かめは物真似が得意です(笑)」と無茶振りされたのに、
それを無茶振りと気付かず、「じゃあドナルドを…」と真に受けて、宴会芸並の物真似を披露し、スタジオを「あぁ~…上手~…」みたいな空気にさせた上、
「あれ…何か皆僕の物真似に聞き入っちゃって…(笑)」と一人ご満悦。



PVメイキングの楽屋ゲームで射的をやった時、1000点の小さい標的を超かっこつけて真剣に狙った結果、隣にあった-200点の標的に当たり、その-200点の的が倒れた拍子に他の-200点の的に当たり、それがドミノ式に5枚連続でパタパタと倒れ、まさかの-1000点になるというミラクルを起こす。



番組のお絵かきしりとりで、前の人が描いた「ねずみ」の絵を見て描いた絵→ミカン
気を取り直してもう一回!と言われた直後、「りんご」の絵を見て描いた絵→ごはん
まずしりとりのルールを理解してない。



カツカツのゆっちバンジー企画で、ずっとゆっちに付き添って「大丈夫!だってKAT-TUNだよ!?」と励まし続けるが、結局最後まで飛べなかったゆっちの代わりに両腕を広げて綺麗なTの字でパーマなびかせながら飛んであげたのに、
後日ゆっちのソロ舞台で「あの時飛べなかったのはかめが隣でずっとアドバイスをしてきて、勝手にカウント始めたせいで心が折れた」と、本人いないところで恩を仇で返される。



毎年行ってるSMAPコン、ほぼセットリスト同じなのに国立とドーム両方参戦するほどの熱狂ファン。
楽屋に挨拶に行って「忙しそうだね」とタクヤに言われ、もう当時デビューもしてテレビ出まくりだったのに、「俺のこと知ってるんだ…!」と大感激。
ライブ中にタクヤがトロッコで近付いて来た時は、髪の毛を一生懸命直してる姿をファンに目撃される。
ただの木村担。




そんなかめにゃん、「MR.BRAIN」というドラマで憧れのタクヤと念願のドラマ共演。が決まった時、ちょうど東京ドーム13日公演の時期で、その時のMCは毎日毎日カズヤのタクヤ自慢が展開される。
聞いてもないのに、「この前木村君、台本18Pくらいの台詞を果敢に喋ってて!」果敢に喋ってて!ってどこから目線。
ドラマの内容を聞かれて、「やっぱ木村君はオーラがすごい。どこにいても木村君だなって」全然質問に答えない。
ゆっちに「お前すげーな」と褒められて「本当すごいよね、だって木村君だよ!」すごい=木村君の法則。
メンバーから「一緒に番宣出てすごい」と言われて、「俺、木村君と初めて知り合った時、いきなり車に乗っけられて、買い物に連れてかれて…それって客観的に見てどうなのかな、って…」何だよそのときめきメモリアル。マジどうもしねーよ。



そんなタクヤとドラマの現場で何を話すかと思ったら、「20歳超えてから体質が変わって体毛も濃くなっちゃって…」と恥ずかしい相談をしていたらしい。
「尻をキュッと上げると下腹に効くよ」とアドバイスされ、それを撮影合間に忠実に実行してる姿をスタッフに幾度となく目撃され、公式スタッフブログでバラされる。



テレビや雑誌で、ことあるごとに「料理が得意」と主張するかめにゃん。
ズムサタにて、料理だ得意なモッチーに「俺だって得意だぜ」と言わんばかりに卵を片手で割ってみたけど、作った料理は玉子かけご飯をレンジでチンしただけの半熟玉子かけご飯で、「いや、これ本当美味いから」とドヤ顔で言うも、モッチーの感想は「まずい…」




番組ゲストの堀北真希ちゃんとの料理対決では、一人本気になり過ぎて、お手伝い役の上田君に怒ったり、手伝い役じゃないメンバーにまで指示したり、ろくに会話もしないで集中して作るも、制限時間終了後、「キャベツ入れるの忘れたーーーーー!!」と絶叫。
その後、出てきたスープには何故かちゃっかりキャベツが入っていた。
そんなドタバタしながらも作った料理の感想は、炒飯「塩辛い」、スープ「塩辛い」
対決は負けました。



オリジナルもんじゃ焼きを作るという対決。
カツンの料理王、との紹介にドヤ顔で登場し、またしても引くほど真剣に汗だくになってまで作ったのは、お好み焼きにもんじゃぶぶっかける、っていう意味の分からない見た目もゲロみたいな料理だった上、食べたメンバーに「カメ、下味つけた?」と聞かれて、ハッとした顔で「下味……?」と呟く。
対決は負けました。

むしろ勝ったことねぇ。




ここ数年で、結構太ったかめにゃん。
メンバーにもやんわりと指摘されてるのを気にしてか、「昔が痩せ過ぎてた。今は大人になっただけ」と開き直る。
その一方で、雑誌のインタビューで「仕事帰り、深夜にどうしてもコンビニでフライドチキンを買って食べちゃうんだよね…。ダメだって分かってるけど、我慢するストレスの方が俺には辛いし、運動も難しいよね」というデブ発言を神妙なトーンで告白。
「でも一本だけだよ?」という、特に意味のない言い訳が悲しい。
かめにゃん。激太りの原因、それや。




たったひとつの恋というドラマの番宣でズームインに出た時、綾瀬はるかちゃんと二人で両手を顔の横に広げながら、「ヴェッ!!」って謎の奇声をあげて登場。
可愛かったけどアレは一体何だったんだ?と思っていたら、実はゴキブリが死んだ時の物真似であった。
朝の…生放送に…。



ズムサタ×たったひとつの恋のコラボ企画で歌を作ったかめにゃん。
聖と二人で向かい合って、「ズムサた~った、ひとつの恋に来~い~~~…♪」という謎のクソだせぇバラード曲をブルーバックにより合成された横浜の夜景をバックに真剣にハモって披露。
綾瀬はるかちゃんに大爆笑され、大マジだった本人は苦笑い。





「鳥になりたい。自由なサムライみたいだから」発言。
全然分からん。そんなこと思ったこともねぇ。
そんなトンチキ発言も忘れて、一年後には「今のサラリーマンは生まれ変わったら鳥になりたい!って言うんだよ?悲しくない?」と訴える。




「誰も何も見ないふりで君を傷つける」の替え歌→「誰も何も見ないふりで君を見つめてる」結局見てるのかい。

「風の先に君の匂い探す」の替え歌→「風の先に東京ドーム探すぞーーーーー!!」そこがお探しの東京ドームです。

「誰も決して分かろうとはしないんだろう」の替え歌→「誰も決して分かろうとは…しねぇんだろ!?」何かめっちゃ怒鳴られた。

「地平線が消えた場所で君とふたり」の替え歌→「みんなサンキュ~!みんなホントにホントにホントにありがとう~!!」 もう無茶苦茶。

「この手は明日を掴む為」の替え歌→「この目は皆を見るため」 こう歌った後に続く歌詞、「今日は目を閉じて夢だけを見る」すぐ目閉じやがった。


 
 
かっこいいなって思う人に向かって「抱かれたい」って言っちゃったり、男の人と飲んでるとテンション上がって手を繋いじゃうらしい。



ananで女装した自分にテンション上がって、仕上がった写真を見て「この人に抱かれたい」と、女装した自分に抱かれたいとか、もう性癖が全然分からない発言。



テレビ雑誌で「メンバーに秘密にしてることは?」という質問に「僕はゲイです」とカミングアウト。




「今年はTシャツの背中にグラサンかけるのが流行る!」と断言。
その夏ひたすらそのスタイルを貫いてたけど、結局かめにゃんの間でしか流行らず。

その後、めげずに「今年はウォレットチェーンをネックレスにするのが流行る!」と断言。
その秋ひたすらそのスタイルを貫いてたけど、やっぱりかめにゃんの間でしか流行らず。



めざましテレビの目覚まし君の物真似が得意ということで、披露することに。
すごく照れながら「8時!45分!」って物真似した後、「ハァ~~////」ってテヘペロしてたけど、その時間、とくダネ。



自分一人のラジオが始まり、張り切ったかめにゃん。
ラジオの前半はキャピルン系のテンションのアイドル☆カメ、後半は飾らないナチュラルなテンションの俺☆亀梨和也、という、必要性がよく分からないキャラの使い分け方式でお送りし、ファンを困惑させる。



ドラマの役柄になりきるのが好きで、妖怪人間ベムの告知メールでは、亀梨和也としてではなく、ベムとして告知。
メッセージの最後は「BEM」って打ってた。




絆初披露のMステでKAT-TUNが学校のセットを走り回って壁を散々ブチ破った挙句、
カメラに向かってマジな顔で「先公なんて信じねぇ!!誰も信じねぇ!!でも、俺とお前は、この絆で繋がってるから…!!」って矛盾丸出しの台詞を吐く。



ジョニーデップへの憧れが強過ぎて、真似してジョニデ風ボブパーマ、アラレ眼鏡をかけてみたら、メンバーやファンから似てるねと言われたのは、『ジョニー・デップ』ではなく『髭男爵』であった。
雑誌にて「自分でも風呂上がりに鏡を見ると落ち込む…」と髭男爵の自覚があることを明らかにしながらも、ファンも特に望んでいなかったのにライブツアーの為だけに三ヶ月近くその髪型を貫く。



そんな髭男爵当時の2008年かめにゃんのソロ。
曲が始まる前にカメラの前超至近距離まで近付いて、顔面アップの状態で何といきなり鼻くそをほじくり出す。
ほじくった鼻くそをまじまじと見た後、「フゥ~~~…」って、たんぽぽの綿毛を吹き飛ばすかのようにファンに向かって飛ばす。前代未聞の鼻くそファンサ。
テンション上がった時は、自分の鼻くそはおろか、バックについてた藤ヶ谷の鼻くそまでほじくっていた。
ついに人の鼻くそまでほじりやがった…と驚愕。

鼻くそほじくった後は、カーテンみたいなクソでかいキャンバスに「予告もなしに…?」という謎の文字と、絵心ゼロの謎のイラストをスプレーで描き、独断で選んだ会場のファン1名に押し付けるという迷惑顧みないプレゼント企画を実施。
当たったファンが心底いらなそうな顔して困惑してるのを見て、「えっ!?まさかの拒否!?」って驚くかめにゃん。
本人はファンが当然喜ぶと思って大真面目にやってるのだ。




2010年アリーナツアーでは吸血鬼に変身するという演出のダンスナンバーソロ『Lost my way』をやっていたかめにゃん。
ドーム公演では、ガラッと変わって、キムタク風のラブバラード『SWEET』をやることに。
しっとり歌ったら、途中で何やらゴロゴロと雷鳴が唸りだし、見覚えのある吸血鬼藤ヶ谷が登場。
血を吸われてしまい、吸血鬼に変身してしまうかめにゃん。
そしてそのまま『Lost my way』を歌い踊り始める。
曲の盛り上がるピークで何と銃で撃たれるかめにゃん。
しかし瀕死の状態で「ウォーーーーーー!!」と何とか耐えたと思ったら、「二人で甘く溶けるような恋を~」と、いきなりまたラブバラードを歌い始め、しかしすぐにまた吸血鬼に戻り、藤ヶ谷に血を吸われたのに藤ヶ谷の血を吸って終わる、という、最強に意味分からん超展開を見せて、ドーム中を大困惑に陥れる。
本人曰く、「ドームのファンの人にもロスマイを見せてあげたかった」そうです。
よかれと思って考えたソロでしたが、ファンの感想は「どっちかにしろ」であった。




2012年ツアーのソロではしっとりとしたバラード。
曲の途中で「ねぇ…ずーっと……ずーっと一緒に…いよ?」って唐突に台詞言ったのに、最終的に空飛んでった。



ツアー最終日、「また会おうね!せーのっ!!」って言うから、何言うのかと思ったら、小指上げて、「やくそーーーーーーーく!!!!!」
そんなの今まで一度もしたことないのに、せーのって言われても分からずメンバーもファンも動揺。






はぁ~~~~~~~~何て愛しいんだろうか!!!!!

私の心に特に残ったエピソードだけなので、本当はもっといっぱい面白トンチキ伝説を残してるんですが、
網羅しきれず、無念です。
これからも台風の目のようなかめにゃんの天然(本人だけ無傷で周りは大事故)に振り回されたいと思います!!
スポンサーサイト

  • タグ:インタビューズ KAT-TUN エピソード
  • コメントの投稿はこちらから ♥

    COMMENT-FORM

    SECRET

    トラックバックはこちらから ♥

    TRACKBACK

    この記事のトラックバックアドレス

    →この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    毛

    Author:毛
    アイドルにキャーキャー言う。

    カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    カテゴリ

    過去ログ

    2016年 11月 【1件】
    2016年 09月 【1件】
    2016年 08月 【9件】
    2016年 06月 【1件】
    2016年 05月 【1件】
    2016年 03月 【1件】
    2016年 01月 【3件】
    2015年 12月 【1件】
    2015年 11月 【2件】
    2015年 09月 【1件】
    2015年 03月 【1件】
    2015年 01月 【1件】
    2014年 12月 【2件】
    2014年 11月 【7件】
    2014年 10月 【5件】
    2014年 09月 【9件】
    2014年 08月 【4件】
    2014年 07月 【29件】
    2014年 06月 【1件】
    2014年 05月 【1件】
    2014年 04月 【13件】
    2014年 03月 【14件】
    2014年 02月 【7件】
    2014年 01月 【1件】
    2013年 12月 【1件】
    2013年 11月 【5件】
    2013年 10月 【13件】
    2013年 09月 【26件】
    2013年 08月 【27件】
    2013年 07月 【16件】
    2013年 06月 【8件】
    2013年 05月 【19件】
    2013年 04月 【8件】
    2013年 03月 【15件】
    2013年 02月 【13件】
    2013年 01月 【2件】
    2012年 09月 【2件】
    2012年 08月 【6件】
    2012年 07月 【1件】
    2012年 06月 【3件】
    2012年 04月 【3件】
    2012年 03月 【4件】
    2012年 02月 【3件】
    2012年 01月 【5件】
    2011年 12月 【2件】
    2011年 11月 【2件】
    2011年 10月 【1件】
    2011年 09月 【4件】
    2011年 08月 【9件】
    2011年 07月 【10件】
    2011年 06月 【12件】
    2011年 05月 【10件】
    2011年 04月 【16件】
    2011年 03月 【1件】
    2011年 02月 【6件】
    2011年 01月 【6件】
    2010年 10月 【5件】
    2010年 09月 【9件】
    2010年 08月 【17件】
    2009年 11月 【1件】
    2009年 08月 【6件】
    2009年 07月 【3件】
    2009年 06月 【8件】
    2009年 05月 【17件】
    2009年 04月 【12件】
    2009年 03月 【13件】
    2009年 02月 【6件】
    2009年 01月 【6件】
    2008年 12月 【3件】
    2008年 11月 【4件】
    2008年 10月 【1件】
    2008年 09月 【6件】
    2008年 08月 【10件】
    2008年 07月 【11件】
    2008年 06月 【8件】
    2008年 05月 【9件】
    2008年 04月 【6件】
    2008年 03月 【6件】
    2008年 02月 【7件】
    2008年 01月 【8件】
    2007年 12月 【8件】
    2007年 11月 【16件】
    2007年 10月 【6件】
    2007年 08月 【1件】
    2007年 06月 【2件】
    2007年 04月 【2件】
    2007年 02月 【1件】
    2006年 12月 【1件】
    2006年 09月 【2件】
    2006年 08月 【18件】
    2006年 07月 【8件】
    2006年 06月 【1件】
    2006年 05月 【2件】
    2005年 05月 【2件】
    2003年 08月 【1件】

    最新記事

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。