尻上がり


« 09.2017123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメアノ〜ルを観たノ〜ル ※ネタバレあり


20160603015817ce8.jpeg

ヒメアノールを観てきました~!


森田GO!君が出てるから、っていうわけではないんですけど、こういうホラーとかサスペンスとか、精神的にやられる系の映画、絶対私の好きなやつやん!?それをGO!君がやるなら一石二鳥やん!(?)って思って、張り切って観てきました。

って言うと、こいつマジヤベェ奴じゃんって思われそうだし、もし今後何か濡れ衣を着せられて罪に問われることがあったとしたら、押収したパソコンからこのブログが発見されて「被疑者は危険な思考回路を持っており…」とかいって証拠として突きつけられてマジ人生詰むんで一応言っときますけど、犯罪はダメですからね!!?!?絶対!!!!!

正確に言うとこういう映画を観てメンタルやられてしばらく引きずる、という一連の流れが好きなんです。我ながら趣味悪い!!

でも観終わった後、不快感でズ〜〜〜ン…ッてなるんで、感想とか言って少しでも払拭したい!って思うんですが、まぁここジャニヲタブログだし…レビューブログじゃないし…、って思ってそういうの自重してたんですけど、GO!君ジャニーズやん?


ってことで、張り切って感想を書きたいと思います!
あ、でも割と普通に何かマジなトーンで感想言うんで、そんな全然面白いこと言えないんですけど!!
おすぎのソウルが乗り移ったと思って、温かい目で見て下さい!!

ここから先はドチャクソに長いです!!
そして、一応注意文出しますが、感想が進むにつれてネタバレが出てきます。

途中までは公式サイトのあらすじから逸脱しない程度で、ネタバレ箇所は記事をたたみますが、
もしこれから先観る予定の方がいたら、出来るだけフラットな気持ちで観てほしいので、私のクソなげぇ感想を読んで変にハードル上げて覚悟決め過ぎて、「思ったよりは…」ってなっちゃうとすごくもったいないので、
もう観に行った方や、観る予定はないけど気になる方や、観る予定だけど別にお前の感想如きに左右されねぇよ、って方のみ先に進んでくださいね!!





あ、さっきからウザいと思うんですけどGO!君とは森田剛君のことです。
何の因果か、この映画で森田剛君が演じる役名がこれまた森田なんです。
森田が森田に。森田as森田。
何かこんなに森田って漢字をいっぱい見ると森田のゲシュタルト崩壊起こしますね。
森って字は森感がすごい。

なので、紛らわしいので役名じゃない森田の方はGO!君って呼びます。
気持ち的にはいちいちヒロミGO!のGO!で読んでください。
私はそういう気持ちで打っています。



感想を一言で言うと、非常に悪趣味でした!!
悪趣味っていうのは私にとって最高の褒め言葉です!
非常に精神をすり減らす99分間でした。


やっぱり私ジャニヲタなので、GO!君の顔は他の一般の人達より割と目にする機会多いじゃないですか。
シャドウ商会変奇郎とか見てたし。



だから何かこう、親近感とかがさ…





湧かん。





いやー、湧かなかったねーーー!

映画の中の森田はGO!君ではありませんでした。
見たことない人でした。
一番最初の登場シーンだけ「カッコよ過ぎるだろ(笑)」と思いましたけど、割と序盤でもう顔見たくなくなってました。

「俺たち底辺が這い上がれるわけねぇだろ。夢見んなよ」とか言う。
世の中本気がいっぱい!!捨てたもんじゃない!信じてみ!?って歌ってた人が。
うじゃけた顔しっぱなし。
うじゃけた顔っていまだにどんな顔なのか分からんけど、多分あの森田の顔はうじゃけてたね。相当うじゃけてた。


グロいシーンも結構あるんですが、それよりも趣味の悪い演出(褒めてる)が本当多いので、グロ耐性あってもそっちでメンタルやられる人も多いと思いますね。
軽い気持ちで観に行ったら本当落ち込むぜ。

女が平日に一人でレイトショーで観るような映画じゃないよね。(私)
夜道はリレーのバトン受け取る人みたいにずっと後ろ向きながら走って帰りました。
後、家帰ってから鍵閉めて電気をつけるまでの挙動の速さ尋常じゃない。



------ここから先はネタバレしない程度にあらすじ------






この映画の構成はちょっと特殊で、日常と狂気が交錯する、っていう触れ込みの通り、日常編はラブコメ、狂気編はホラーという全然違うジャンルのタッチで同時に進行します。


日常編の主人公は濱田岳君。
おおまかなあらすじ。
濱田岳君演じる地味な岡田君が、会社の先輩の安藤さん(ムロツヨシ)の片思いの相手、ユカちゃん(佐津川愛美)との恋の手助けをするうちに、ユカちゃんにまさかの告白をされて内緒で付き合うことに!?

という、ちょっとエッチでポップな痛快ラブコメディです。
それにしても森田に岡田ってV6感強くて紛らわしいですね。
もうここまで来たら三宅も出せや。

原作が稲中作者の古谷実なだけあってコメディ要素満載で、日常編はめっちゃ面白いです。
正直、濱田岳君、佐津川愛美ちゃん、ムロツヨシの恋愛コメディ映画としてもそこそこヒットしたと思うくらい。
特にコメディ担当のムロツヨシがキモいんだけど憎めなくて最高。
劇場でもみんなめっちゃ笑ってました。


狂気編の主人公がGO!君。
GO!君演じる森田は一言でいうとサイコパスの殺人鬼なんですけど、サイコパス物って最近結構多くて、『悪の教典』の伊藤英明とか、『サイレーン』の菜々緒、直近では『火の粉』のユースケサンタマリアとかが思い当たるんですけど、このへんのサイコパスはだいぶエンターテイメントに寄ってるなって感じ(それはそれで面白いから良し)だったけど、森田は一線を画すヤバさです。

今期のドラマで割と好きなドラマ『僕のヤバイ妻』の木村佳乃の役もサイコパスとは言わないけどかなりヤバイ人の役だけど、こういうヤバイ人ってのは大体、計画が綿密、嘘が上手、無機質で人間的じゃない。というキャラクター設定になってることが多いけど、
森田に関しては短絡的に人を殺すので無計画で行き当たりばったりだし、
息するように嘘をつくけど頭で考えてないので言ってることは支離滅裂だし(ユカちゃんのお店に行ったの初めてとかの下りの支離滅裂さは背筋がゾワゾワする不気味さ)、
パチンコで勝ったお金をカツアゲされたり(あれは結果が描かれてないけど、その後の漫画喫茶での残金確認のシーンでお金は取られた?と判断)、
やたらずさんで人間らしいのが何とも生々しくてリアルで気持ちが悪い。

ヤバ妻の木村佳乃とかサイレーンの菜々緒とかは超人過ぎてもはやギャグというか、逆に笑えてくるとこあるけど、そういう作り物感みたいな感覚がないから、森田っていう人物が本当にこの世に存在してるような感じがして怖いのです。


全然タッチも違くて、交わることのなさそうな二人の主人公ですが、森田は岡田君の元同級生で、偶然再会してしまいます。
しかも、岡田君の彼女となったユカちゃんは、森田がストーキングしていた標的だったのでした。

平凡だった岡田君の人生に、森田の存在が点となって現れ始めます。
透明の水にポタポタと黒いインクを落とすように、コメディ要素満載の楽しい日常に、だんだん森田の狂気が侵食していきます。


このコメディとホラーが入り交じるのが新感覚でしたがすごくいいバランスで成り立っていて、普通ホラー映画って怖いシーン痛いシーンの連続でずっと緊張しながら観てるし、そのうちホラー慣れさえしてくるんですけど、この映画は笑える日常編が交互に挟まれるので、すっかり緊張が解けた頃に狂気のシーンで一気にどんよりした気持ちに突き落とされます。

せっかく楽しい気持ちでいたのに森田の出現で一気に不穏な空気になる不快感。

あ〜逃げ出したい、ずっとギャグで笑える平和な世界のままでいたいってつい思ってしまう。
怖いの見たさで映画館来たはずなのに、どうか森田よ、出てこないで〜〜〜!!って思いながら観てたので、普通のホラーよりも感情の起伏がしんどかったです。



------ここから先は若干ネタバレしてます------


たたみますので、ネタバレOKな方は続きを読むからどうぞ!




晴れて岡田君とユカちゃんがベッドインした夜。
ユカちゃんの喘ぎ声がだだ漏れするアパートの前に佇む死んだ目をした森田。

その森田の後ろ姿で「HIMEANOLE」のタイトルバックが流れます。
開始30分は過ぎてたような。
斬新なタイミングですが、この時、森田の中で岡田に対する殺意が生まれ、歯車が回り出すという意味ではこれ以上ないピッタリなタイミングです。

ここから森田の本性がスクリーンの中でも露わになっていきます。
もう出るキャラ出るキャラ酷い目に遭います。
過去に森田をいじめてた河島とか、森田と因果関係がある岡田君とか、森田につけ狙われてるユカちゃんとか、「森田を殺そう!」と意気込むわぐっちゃんカップルは、もう見てる方も「余計なことすんなって〜〜〜〜〜!!関わるなって〜〜〜〜〜!!」って、自分とは離して見れるんですが、
名もなきモブがたいした理由もなく殺されるシーンの数々は、どれも自分の身に起こり得そうで本当に怖かったです。

たまたま居合わせたとか、たまたまその家の家主だったとか、そんな理由で殺されちゃうので防ぎようがない。
日常の1秒先に殺される未来が待ってるなんて誰も思わないじゃないですか。
でも実際に現実ではそういうことが起きている。
何か悪いことをしたわけじゃなくても殺されてしまう。
そんな展開をまざまざと見せつけてくるので毎回目を背けたくなりました。

しかもそれが全然エンターテイメントじゃなくて、めちゃくちゃリアルな描写なんです。
今まで、これはフィクションでスクリーンの向こうの世界、と思ってたのに、とことんリアルを追求した描写の数々に、フィクションだけどノンフィクションなんだと思い知らされます。
実際現実でこういうこと起こってんだなーーーって、目を背けてた現実を見せつけれるともう絶望しかない。
私は結構リアルな演出とか求める方ですけど、この映画に関してはもう「この映画は嘘ですよーーー!」っていう分かりやすいフィクションという記号を出して欲しくならレベルでした。

のんきなサラリーマンも、映画観てるこっちは森田のヤバさもう分かってるんで、「はよ逃げんかーーーい!」って感じですが、
一人暮らしじゃないからもしかしたら来客かもしれないと思って(トランクス姿だけど)、そこはあんな感じで「どちら様ですか?」って聞いちゃうよね。
ドラマみたいに、「だっ!誰だっ!?」ってならないとこがリアル〜!!

私達が生きてる世界では、ドラマみたいに悪いことした奴だけが死ぬんじゃないし、殺人は夜だけじゃなくて昼にだって起きるし、犯そうと思った女性が生理中だってこともあるだろうし、ドラマじゃないからヒロインだって鼻血流すほどボコられるし、現実のパジャマはヨレヨレだし、ビニール紐の包装ってなかなか剥がれないよね!?!?
もう全てがリアルーーーーー!!

というかあの家で森田が食べてたのがカレーだったのも、
腹減ったなぁ… と思いながら行くあてもなく歩く→ カレーの匂いする → → 美味そうな匂い。よし、殺して食べよう、みたいな流れだったのかな、森田君。
道歩いてる時に香ってくるカレーの匂いって魅力的だもんね、森田君。怖いよ、森田君。
でも森田の凶行の中では、駅前で看板殴るシーンの後の展開が個人的に一番いや~なシーンでした。
巻き込まれ方として一番ありそうな感じだったし、何より生々しい。
フィクション世界でそのリアルさいらねぇだろ、ってくらいの生々しさ。
森田と一緒に、本当に現場に居合わせてしまったような逃げ出したいくらいの居心地の悪さでした。
監督は、そういえば映画で被害者がアレだったことがないな、と思って、いつか使おうと思ってメモまでしてたらしいですよ、このネタ。
最高に趣味悪いな〜〜〜〜〜気が合いそう!!



森田がこうなってしまったのにはきっかけがあって、森田は高校時代めちゃめちゃエグいいじめを受けていたんです。
回想シーンでは髪を黒染めしただけのGO!君が制服着て演じてるので「それはさすがに(笑)」って思ったんですけど、このいじめの主犯が常人じゃ考えられないイカれたセンスのいじめを編み出してくるので、そんなツッコミできるのも最初のうちだけ。かなりメンタルやられます。
キンキの人間失格バリのトラウマです。

その主犯を殺したことで森田は殺人鬼に覚醒します。
原作ではこれをきっかけに森田は自分が殺人によってしか性的興奮を感じない人間なんだということに気付くらしいのですが、映画ではその性癖設定はやや薄く、いじめによって人生に絶望してしまったっていう印象が強いです。
なので、映画の森田を快楽殺人鬼と思って観ると違和感を覚えます。
むしろ殺すことに執着はなさそうだった。躊躇いもないけど。
コピーの通り、「めんどくさいから殺して」いるだけって感じでした。


それだけに、あのラストは堪えるものがありました。






------!ここから先は完全にネタバレをしてます!------












GO!君がインタビューで「唯一救いのあるシーン」と発言してて、あのシーンで感動したというレビューも沢山見たんですけど、(めっちゃ調べてる)
個人的にはあの一言でむしろ救いがなくなった感がありました。

あんだけやっちゃう今の森田に、あの頃の森田が消えてなかったっていうのはすごい残酷だな、と思いました。
いっそ最低最悪の殺人鬼のままでいてくれたら、警察に捕まって「はぁ〜よかった〜一件落着〜〜〜」ってホッとして終われるのに、
あんな悲しいバックボーンを知ってしまった後、あんな姿なのにピュアな森田が出てきてしまうのは、もうこの感情どこにぶつければいいの?って、やるせない気持ちになります。
私が岡田君なら、あの一言で打ちのめされる。
あぁ、あの頃の森田を誰も救えなかったんだ、救えないままこんな形で終わってしまった、っていう後味の悪さがのしかかってきて最悪の気分でエンドロールを迎えました。
しかし、私は救いのないラストが大好きなので、このラストはとても満足しています!


岡田君と森田が友達になる回想シーン(声のみ)
「僕の他に誰かと喋った?」
「ううん、森田君が初めて」
「友達にならない?」

初々しいこんな会話が青春っぽくて切ないです。
森田の初めての友達だったんだろうなぁ、岡田君。

いじめがなければ、もしかしたら普通の人生を送ってたかもしれない。
あのまま岡田君が森田の手を離さなければ、岡田君にもう少し勇気があれば、河島のような存在がいなければ、森田のスイッチは入らなかったままだったのかもしれない。
こんな殺人鬼と標的という関係ではなく、友人としてドライブをしてたかもしれないと、どうしても思ってしまいます。

だからって岡田君の弱さを責められないし、森田は殺人をオカズに自慰をするような人なので結局岡田君一人で抑止できる問題じゃなかったかもしれない。


人間のことは平気で顔面を車で轢いてしまう森田が、何故あの状況で犬を避けたのか。

回想シーンで、まだ殺人を犯す前の無邪気な高校生の森田が、岡田君とゲームに興じるシーン。
最後にスクリーンに映ったのが、庭で飼われていた当時の愛犬であろう白い犬だったのを見届けた時、胸が痛くて仕方なかったです。


「お母さーん!麦茶持ってきてー!」

もう、しばらく麦茶飲むたびによぎるだろうな。
そのお母さんだって、後に自分で殺しちゃうんだよね…。(わぐっちゃん談)
どうしてこうなっちゃったんだろう。
悲しいなぁ。


どうしてあの森田がユカちゃんに固執していたのか実はまだよく分かってないんだけど。
例えば森田が覚醒する前の学生時代の初恋の人とかだったら納得できたんだけど、それだと年齢設定どうなってるんだよ、って感じになっちゃいますね。
そもそも27歳の濱田岳君と37歳のGO!君が同級生役という時点で。
でもGO!君健闘した!!

もしかしたら森田はユカちゃんにストーカーこそしていたものの、岡田君さえ出てこなければ、ユカちゃんに直接手を下すことなんかなかったんじゃないかな。
昨日までと同じように、カフェや家に行ってユカちゃんを眺めて、それで絶望した人生にちょっとした潤いを満たしていたんじゃないかな。
だってあんなに短絡的な森田が、岡田君が出てくるまでは大人しくカフェに通ってたわけでしょ。
森田にとって犯すことも殺すことも全然容易いはずなのに。森田なりの純愛だったのかもなぁ。
それを壊したのがよりにもよって自分の初めての友達の岡田君だったから、こんなことになっちゃったのかなぁ。とか。
色々考えちゃいますね!


重くて辛い映画なので、感想も重くなりますよね…。

個人的には殺人のシーンよりもいじめのシーンの方がキツかったです。
GO!君がお尻を出すシーンがあるんですけど、ブログタイトルにも尻と入れるくらいお尻フェチな私でもあんなに目を背けたくなる尻出しシーンはないですね。
ありがたや、とか拝む暇なかった…。
リリィ・シュシュを思い出す鬱シーン。






20160603012054414.jpeg




なんて、とても言えませんね!!

メンタルをすっかりやられたので、二度目はもういいかなぁ、と思ったんですけど、感想書いてるうちにまた森田に会いたくなったので(現実では絶対会いたくない)、また観に行きたいな〜〜〜!!

ていうかこの映画観た方なら、残業で0時近くの帰宅になって、ビクビクしながら家の中入ったら、家の電気が点いてた時の恐怖分かってくれますよね!?!?!
あーマジで息止まるかと思った。
自分の消し忘れですけど。
よくあることですけど。
映画観た翌日にそのサプライズはノーサンキュー。



GO!君の演技は言うまでもなく素晴らしかったです。
目がイッてるとか、不気味な笑みを浮かべてるとか、分かりやすい記号は一切ないのに、こんなジャニヲタな私でさえ森田何だか気持ち悪い、居心地悪い、って思えるほど見事なまでにナチュラルヤベェ奴でした。
森田の視点や心の声がないので説明不足と捉えられそうだけど、でも現実の世界得体の知れない人も得体の知れないままだしね。だから怖いんであって。
自担にサイコパスの役やってほしいと思うヲタは結構いそうだけど、ここまでやれとは言っていない、というレベルでした。
森田を演じるのはとんでもないストレスだっただろうな〜、と思いながら本人のインタビュー読んでたら、現場での空き時間に近くのペットショップに行って気持ちを落ち着かせるのが毎日のリズムだったんだって。
何やそれ。so cute。
動物で心の浄化。so pure。
結局あれなのかもね、犬最強、ってことなのかもね。


岡田君は姑息でズルくて愚かなんだけど、それが岡田君の人間らしいところでもあって、自分が岡田君の立場だったら、ああいう選択しちゃうかもしれないなっていう生々しさが嫌でした。
でもそんな、下手したら嫌な奴になりそうな岡田君を、濱田君は憎めない愛らしさで演じてたのですごい力量だなって思いました。誰目線。

佐津川愛美ちゃんは童貞男子の夢を詰め込んだファンタジー的存在のユカちゃんを、とってもキュートにポップにビッチに演じていて最高でしたね。
濡れ場も体当たりで演じていて、それでも乳首は見せまいとする努力。

ムロツヨシも、どんどん暗く重くなる展開の中、最後の方まで爆笑させてくれて頼もしかったです!
ムロツヨシが出てくると異常な安心感がありました。
「お前なんか絶交だーーー!」の後のエレベーター待ってる姿、一番笑った。

だからこそ、コメディ部分の象徴のような安藤さんと狂気担当の森田という、この映画で一番対極に位置する二人がついに対峙するシーンは観ていて一番緊張しました。
一番交わっちゃいけないところが交わってしまう感じがして。
安藤さんだけはこの映画を観ていて心から笑える存在だったので、森田と会ってしまった時に、日常が完全に狂気に飲み込まれてしまう瞬間みたいな恐怖があって、昼間?夕方?の明るい外のシーンなのに、ずっと心臓がギューンッ!ってなってました。
「安藤さんあかーーーーーーん!!」って思ってた。多分観客みんな思ってた。



それにしても、
20160603013037623.jpeg
再現度高い。



声を大にして「オススメです!!」とは言えない映画ですけど、こんな長文したためるくらいだから、まぁ本当すげぇ観てほしいってことです!!
みんな〜〜〜!!一緒に落ち込もう〜〜〜〜〜!!
スポンサーサイト

  • タグ:他J 映画
  • プロフィール

    毛

    Author:毛
    アイドルにキャーキャー言う。

    カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    カテゴリ

    過去ログ

    2016年 11月 【1件】
    2016年 09月 【1件】
    2016年 08月 【9件】
    2016年 06月 【1件】
    2016年 05月 【1件】
    2016年 03月 【1件】
    2016年 01月 【3件】
    2015年 12月 【1件】
    2015年 11月 【2件】
    2015年 09月 【1件】
    2015年 03月 【1件】
    2015年 01月 【1件】
    2014年 12月 【2件】
    2014年 11月 【7件】
    2014年 10月 【5件】
    2014年 09月 【9件】
    2014年 08月 【4件】
    2014年 07月 【29件】
    2014年 06月 【1件】
    2014年 05月 【1件】
    2014年 04月 【13件】
    2014年 03月 【14件】
    2014年 02月 【7件】
    2014年 01月 【1件】
    2013年 12月 【1件】
    2013年 11月 【5件】
    2013年 10月 【13件】
    2013年 09月 【26件】
    2013年 08月 【27件】
    2013年 07月 【16件】
    2013年 06月 【8件】
    2013年 05月 【19件】
    2013年 04月 【8件】
    2013年 03月 【15件】
    2013年 02月 【13件】
    2013年 01月 【2件】
    2012年 09月 【2件】
    2012年 08月 【6件】
    2012年 07月 【1件】
    2012年 06月 【3件】
    2012年 04月 【3件】
    2012年 03月 【4件】
    2012年 02月 【3件】
    2012年 01月 【5件】
    2011年 12月 【2件】
    2011年 11月 【2件】
    2011年 10月 【1件】
    2011年 09月 【4件】
    2011年 08月 【9件】
    2011年 07月 【10件】
    2011年 06月 【12件】
    2011年 05月 【10件】
    2011年 04月 【16件】
    2011年 03月 【1件】
    2011年 02月 【6件】
    2011年 01月 【6件】
    2010年 10月 【5件】
    2010年 09月 【9件】
    2010年 08月 【17件】
    2009年 11月 【1件】
    2009年 08月 【6件】
    2009年 07月 【3件】
    2009年 06月 【8件】
    2009年 05月 【17件】
    2009年 04月 【12件】
    2009年 03月 【13件】
    2009年 02月 【6件】
    2009年 01月 【6件】
    2008年 12月 【3件】
    2008年 11月 【4件】
    2008年 10月 【1件】
    2008年 09月 【6件】
    2008年 08月 【10件】
    2008年 07月 【11件】
    2008年 06月 【8件】
    2008年 05月 【9件】
    2008年 04月 【6件】
    2008年 03月 【6件】
    2008年 02月 【7件】
    2008年 01月 【8件】
    2007年 12月 【8件】
    2007年 11月 【16件】
    2007年 10月 【6件】
    2007年 08月 【1件】
    2007年 06月 【2件】
    2007年 04月 【2件】
    2007年 02月 【1件】
    2006年 12月 【1件】
    2006年 09月 【2件】
    2006年 08月 【18件】
    2006年 07月 【8件】
    2006年 06月 【1件】
    2006年 05月 【2件】
    2005年 05月 【2件】
    2003年 08月 【1件】

    最新記事

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。